« 『大人の台湾極楽ガイド』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライト・ポートフォリオ 素顔の肖像、作品の真実』 »

2007/05/04

『出会いの国の「アリス」 ルイス・キャロル論・作品論』

楠本 君恵著
未知谷 2,400円(税別) ISBN978-4-89642-190-3 07.4刊

+内容+
第1部 作家論
       『アリス』の誕生と挿絵画家
       『アリス』の舞台化
第2部 作品論
       『不思議の国のアリス』―あなたはだれ?
       『鏡の国のアリス』―『鏡の国のキャロル』?

+関連・リンク+
未知谷
The Rabbit Hole

ルイス・キャロル&ジョン・テニエルの組み合わせは最高ですね。
アリスのルックス、ハートの女王、ハンプティ・ダンプティなど、
『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』の多彩なキャラクターは
テニエルの絵でしか思い浮かべることができません。
読みたい度60%

|

« 『大人の台湾極楽ガイド』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライト・ポートフォリオ 素顔の肖像、作品の真実』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14791186

この記事へのトラックバック一覧です: 『出会いの国の「アリス」 ルイス・キャロル論・作品論』:

« 『大人の台湾極楽ガイド』 | トップページ | 『フランク・ロイド・ライト・ポートフォリオ 素顔の肖像、作品の真実』 »