« 『図説 エジプトの神々事典』 | トップページ | 『フェティシズムの世界史』 »

2007/05/31

『築地』

テオドル・ベスター著
木楽舎 3,800円(税別) ISBN978-4-907818-88-3 07.1刊

+内容+
第1章 東京の台所
第2章 掘られた溝
第3章 埋立地が築地市場に変わるまで
第4章 生ものと火を通したものと
第5章 見える手
第6章 家族企業
第7章 取引の舞台
第8章 丸

原題『TSUKIJI:The Fish Market at the Center of the World』Theodore Bestor
+関連・リンク+
木楽舎
築地魚市場株式会社
築地魚河岸

外国人観光客にとって築地は名所のひとつになっているそうですね。
自分も銀座にはよく出ているのですが、そこから築地に足を延ばすことなく…
一度行ってみたいと思っているのですが~。
それにしても、築地について書いた海外の本というのがすごい!
また、その訳本というのがユニーク。
読みたい度65%

|

« 『図説 エジプトの神々事典』 | トップページ | 『フェティシズムの世界史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15260184

この記事へのトラックバック一覧です: 『築地』:

« 『図説 エジプトの神々事典』 | トップページ | 『フェティシズムの世界史』 »