« 『シェイクスピアの人間学』 | トップページ | 『石川九楊の書道入門 石川メソッドで30日基本完全マスター』 »

2007/05/27

『三島由紀夫亡命伝説』

松本 健一著
辺境社 2,000円(税別) ISBN978-4-326-95039-3 07.3刊

+内容+
1 三島由紀夫亡命伝説
     回帰すべき場処
     美しい詩=死
     血しぶき
2 「三島由紀夫」との三十五年
     恋闕者の戦略
     田原坂の空間から
     三島神話と法の裁き
     「からっぽな」日本への警鐘―三島由紀夫の再登場が意味するもの
     『三島由紀夫 剣と寒紅』裁判を批判する―文学を裁く法の論理
3 講演「日本における絶対性を求めて」―三島由紀夫が虚構したもの

松本健一伝説シリーズ第二冊。増補・新版。

+関連・リンク+
三島由紀夫 Cyber Museum

タイトルはなんだかアヤシイ感じですが…
三島関連本についつい反応してしまいます。
読みたい度70%

|

« 『シェイクスピアの人間学』 | トップページ | 『石川九楊の書道入門 石川メソッドで30日基本完全マスター』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15226435

この記事へのトラックバック一覧です: 『三島由紀夫亡命伝説』:

« 『シェイクスピアの人間学』 | トップページ | 『石川九楊の書道入門 石川メソッドで30日基本完全マスター』 »