« 『出会いの国の「アリス」 ルイス・キャロル論・作品論』 | トップページ | 『時代衣裳の着つけ 水干・汗衫・壺装束・打掛・束帯・十二単』 »

2007/05/05

『フランク・ロイド・ライト・ポートフォリオ 素顔の肖像、作品の真実』

マーゴ・スタイプ著 / 隈 研吾監修
講談社 10,000円(税別) ISBN978-4-06-213794-2 07.4刊

+内容+
第1章 初期
第2章 シカゴ
第3章 閉ざされた道
第4章 日本という刺激
第5章 汚名をかぶった先駆者
第6章 名誉の回復
第7章 戦争、そして…
第8章 実りの10年
第9章 遺産

+関連・リンク+
講談社
Frank Lloyd Wright Foundation

値段だけあって、豪華、豪華な本ですね。
監修がクマさんというのも贅沢な感じ。
それにしても隈さん、一時期ダメダメみたいに言われてましたが、
いつの間にか見事な復活。
バブルの頃のちょっとしたお笑い建築から大変身して、
日本的なものを追及したのが流石。
昔の作品は建築素人の自分でもちょっと首を傾げますが、
最近の建築は興味を惹かれます。
あ、フランク・ロイド・ライトについて触れてませんが…
読みたい度60%

|

« 『出会いの国の「アリス」 ルイス・キャロル論・作品論』 | トップページ | 『時代衣裳の着つけ 水干・汗衫・壺装束・打掛・束帯・十二単』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/14791198

この記事へのトラックバック一覧です: 『フランク・ロイド・ライト・ポートフォリオ 素顔の肖像、作品の真実』:

« 『出会いの国の「アリス」 ルイス・キャロル論・作品論』 | トップページ | 『時代衣裳の着つけ 水干・汗衫・壺装束・打掛・束帯・十二単』 »