« 『6×7反撃』 | トップページ | 『未完の建築家 フランク・ロイド・ライト』 »

2007/06/20

『増補三島由紀夫論』

田坂 昂著
風濤社 2,500円(税別) ISBN978-4-89219-291-3 07.6刊

+内容+
1 「仮面の告白」―三島文学の礎石
2 還歴時代の作品から―「仮面の告白」以前
3 人生の重力のなかで
4 「金閣寺」―美・悪・虚無と人生
5 「二・二六事件三部作」の意味するもの
6 「太陽と鉄」―「悲劇的なもの」への憧れから「悲劇」への参加へ

新装版。

+関連・リンク+
風濤社
三島由紀夫 Cyber Museum

昔の版を持っています。
三島研究本って、何度も改訂を繰り返して出ている本が結構あったりします。
どこが変わってるのか、何が追加されているのか、気になるところ。
読みたい度55%

|

« 『6×7反撃』 | トップページ | 『未完の建築家 フランク・ロイド・ライト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15454592

この記事へのトラックバック一覧です: 『増補三島由紀夫論』:

« 『6×7反撃』 | トップページ | 『未完の建築家 フランク・ロイド・ライト』 »