« 『歌舞伎ヒーローの誕生』 | トップページ | 『謎のホームページ サラリーマンNEO公式レポート』 »

2007/06/16

『歌舞伎ヒロインの誕生』

利根川 裕著
右文書院 1,800円(税別) ISBN978-4-8421-0087-6 07.3刊

+内容+
『雷神不動北山桜』の雲の絶間姫―誘惑する美女
『曽根崎心中』のお初―手代と死にゆく遊女
『心中天網島』の小春―妻に義理立てする女
『仮名手本忠臣蔵』のお軽―変転する一筋の愛
『妹背山婦女庭訓』のお三輪―切れた恋の苧環
『摂州合邦辻』の玉手御前―継子に恋する継母
『伽羅先代萩』の政岡―お家を守る女丈夫
『鏡山故旧錦絵』の尾上―自分を殺して生きる
『桜姫東文章』の桜姫―淪落と転生の姫
『其往昔恋江戸染』のお七―火に滅ぶ八百屋の娘
『色彩間苅豆』のかさね―死霊に憑かれた女
『篭釣瓶花街酔醒』の八ツ橋―名刀に斬られる花魁

+関連・リンク+
右文書院

“ヒーロー”がいれば、当然“ヒロイン”もいるわけですね。
こちらもヒーローと同じか、それ以上に面白そう。
著者の利根川さんは、大昔『トゥナイト』の司会をしていた人。
自分の中では“エッチなおじさん”の印象が強かったり。
あ、そういえば「芸能花舞台」の解説か何かに出てたのをちらりと見た記憶もあるなぁ。
読みたい度60%

|

« 『歌舞伎ヒーローの誕生』 | トップページ | 『謎のホームページ サラリーマンNEO公式レポート』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15383589

この記事へのトラックバック一覧です: 『歌舞伎ヒロインの誕生』:

« 『歌舞伎ヒーローの誕生』 | トップページ | 『謎のホームページ サラリーマンNEO公式レポート』 »