« 『編集者という病い』 | トップページ | 『徳川将軍家の演出力』 »

2007/06/10

『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』

北岡 明佳著
化学同人 1,400円(税別) ISBN978-4-7598-1301-2 07.1刊

+内容+
第1章 錯視とは何か
第2章 静止画がなぜ…止まっているものが動いて見える錯視
第3章 同じ明るさなのに…明るさの錯視
第4章 水平のはずが…傾きの錯視
第5章 だまし絵は錯視か?―いろいろな錯視

+関連・リンク+
化学同人

こういうの結構好きです。
人間の目(いや、脳?)は意外と頼りないものだったり。
その仕組みが分かるとスッキリという感じでしょうか。
読みたい度55%

|

« 『編集者という病い』 | トップページ | 『徳川将軍家の演出力』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15383491

この記事へのトラックバック一覧です: 『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』:

« 『編集者という病い』 | トップページ | 『徳川将軍家の演出力』 »