« 『毛沢東 その光と影』 | トップページ | 『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』 »

2007/06/09

『編集者という病い』

見城 徹著
太田出版 1,600円(税別) ISBN978-4-7783-1050-9 07.3刊

+内容+
序章 悲惨の港を目指して―暗闇のなかでの跳躍
第1章 SOUL OF AUTHOR
       傘をなくした少年 尾崎豊
       『誕生(BIRTH)』 尾崎豊
       エクリチュールとステージ 尾崎豊〈他〉
第2章 SOUL OF EDITOR
       三人の大家ときらめている新人三人を押さえろ
       自分を変えるものしか興味はない
       「出版幻想論」序文〈他〉
第3章 SOUL OF PUBLISHER
       常識って、僕より無謀です
       見城徹の編集作法
       幻冬舎創立「闘争宣言」

+関連・リンク+
太田出版
幻冬舎

“編集者”というと、まず思い浮かべるのは見城さんですね~
幻冬舎も快進撃を続けていて、昨年末には新書も創刊されたり。
一言、「編集」といっても雑誌、書籍など色々あり、
うちなんかはノホホンとしているので
「すごいなぁ~」と思って見ているだけなのですが…(汗)
読みたい度60%

|

« 『毛沢東 その光と影』 | トップページ | 『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15346792

この記事へのトラックバック一覧です: 『編集者という病い』:

« 『毛沢東 その光と影』 | トップページ | 『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』 »