« 『ESQUIRE COVERS 1933‐2006 アメリカ版『エスクァイア』全表紙896』 | トップページ | 『とっておきの銀座』 »

2007/07/03

『あやつられ文楽鑑賞』

三浦 しをん著
ポプラ社 1,600円(税別) ISBN978-4-591-09783-0 07.5刊

+内容+
鶴澤燕二郎さんに聞く
桐竹勘十郎さんに聞く
京都南座に行く
楽屋での過ごしかた
開演前にお邪魔する
『仮名手本忠臣蔵』を見る
歌舞伎を見る
落語を聞く
睡魔との戦い―「いい脳波が出てますよ」
『桂川連理柵』を見る
内子座に行く
『女殺油地獄』を見る
『浄瑠璃素人講釈』を読む
豊竹咲大夫さんに聞く
襲名披露公演に行く

+関連・リンク+
ポプラ社

歌舞伎で面白かった作品は、文楽でも機会があれば観に行きます。
『女殺油地獄』は歌舞伎よりもリアルに見えて凄かったです!
それにしてもこの本、三浦しをんが書いたというのがかなりのポイントですね。
面白そう。
読みたい度75%

|

« 『ESQUIRE COVERS 1933‐2006 アメリカ版『エスクァイア』全表紙896』 | トップページ | 『とっておきの銀座』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15615152

この記事へのトラックバック一覧です: 『あやつられ文楽鑑賞』:

« 『ESQUIRE COVERS 1933‐2006 アメリカ版『エスクァイア』全表紙896』 | トップページ | 『とっておきの銀座』 »