« 『声がきれいになる本』 | トップページ | 『図説 不思議の国のアリス』 »

2007/08/02

『日本の仮面 能と狂言』

F.ペルツィンスキー著 / 野上記念法政大学能楽研究所監修
法政大学出版局 10,000円(税別) ISBN978-4-588-42009-2 07.5刊

+内容+
第1部
   能
   翁面の名人たち
   赤鶴
   竜右衛門
   日氷
   石王兵衛(福来)をめぐる名人たち
   東山時代
   三代流派の創立
   出目是閑吉満
   河内
   満永とその弟子たち
   エピローグ
第2部
   面打師目録
   面の製法
   面の分類
   面の類型の目録
   主要な能楽諸家の系図
   『能楽大辞典』に拠る出目家系図
   古典時代の面打師
   焼印
   現代の研究状況による面打師系図

原題『Japanische Masken No und Kyogen』Friedrich Perzy´nski

+関連・リンク+
法政大学出版局

なんだか…凄い本です。
しかも翻訳書!
個人的には第2部の内容がインパクト大。
読みたい度45%

|

« 『声がきれいになる本』 | トップページ | 『図説 不思議の国のアリス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/15952785

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の仮面 能と狂言』:

« 『声がきれいになる本』 | トップページ | 『図説 不思議の国のアリス』 »