« 『江戸の妖怪事件簿』 | トップページ | 『菊五郎の色気』 »

2007/10/29

『1・2色でみせるエディトリアルデザイン』

ピエ・ブックス 7,800円(税別) ISBN978-4-89444-606-9 07.6刊

+内容+
PR誌
雑誌
カタログ
   会社案内
   入学案内
   映画パンフレット
書籍

少ない色数でエディトリアルデザインする際には、写真の表現や本文使用色に制限がある分、レイアウトや使用する紙に工夫や表現力が問われます。本書は1色、2色で魅力的にレイアウトされた作品を、インクや用紙データのスペックと併せて紹介します。

+関連・リンク+
ピエ・ブックス

制約のある中でいかに効果を発揮するか、
そこがとても面白いところだと感じたり。
自分が携わるのはデザインとは違いますが、
制限がある方がかえって色々なアイデアが生まれたりします。
また、自分にとって映画よりも演劇の方が魅力的なのは、
(もちろん映画も好きなのですが、どちらか選ぶとすると…)
映画に比べてはるかに厳しい条件が多い中で、
いかにそれらをクリアしていくかという点で素晴らしい工夫がなされ、
観る側も想像力が膨らませられることが大きいのかもしれません。
読みたい度45%

|

« 『江戸の妖怪事件簿』 | トップページ | 『菊五郎の色気』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/16915104

この記事へのトラックバック一覧です: 『1・2色でみせるエディトリアルデザイン』:

« 『江戸の妖怪事件簿』 | トップページ | 『菊五郎の色気』 »