« 『郵便局を訪ねて1万局 東へ西へ「郵ちゃん」が行く』 | トップページ | 『世界文学としての芥川龍之介』 »

2007/10/01

『若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語』

ジョー・D.プライス著 / 山下 裕二インタビュアー
小学館 1,800円(税別) ISBN978-4-09-387713-8 07.6刊

+内容+
序章 プライスさんと訪ねる大乗寺
第1章 出生から大学生活、そしてライトとの出会い
第2章 エツコさんとの出会い
第3章 江戸時代絵画コレクションを本格的に開始
第4章 日本人研究者との交流と、日本館を建てるまで
第5章 「プライスコレクション」展への道のり
ジョー・D・プライス氏が解説するプライス・コレクション

+関連・リンク+
小学館
プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展

2006年夏に東京で開催された「若冲と江戸絵画」展、
同じ時期に宮内庁三の丸尚蔵館で開催されていた
「花鳥-愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉」展、
両方見に行きました。
若冲、バケモノですよ。とにかく凄い!
以前はキワモノ的扱いをされたりしてましたが、
このところ認知度も上がって、ファンも多くなっているようですね~。
それを考えると、プライスさん目の付け所がグッドです!
読みたい度60%

|

« 『郵便局を訪ねて1万局 東へ西へ「郵ちゃん」が行く』 | トップページ | 『世界文学としての芥川龍之介』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/16633991

この記事へのトラックバック一覧です: 『若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語』:

« 『郵便局を訪ねて1万局 東へ西へ「郵ちゃん」が行く』 | トップページ | 『世界文学としての芥川龍之介』 »