« 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 | トップページ | 『地球の歩き方 ミャンマー 2008~2009年版』 »

2007/10/15

『ピエール・カルダン ファッション、アート、グルメをビジネスにした男』

シルヴァナ・ロレンツ著
駿河台出版社 2,500円(税別) ISBN978-4-411-00378-2 07.6刊

+内容+
第1章 移民列車
第2章 天職の邂逅
第3章 ヴィシーに立ち寄って
第4章 二人のためのパリ!
第5章 愛と栄光とモダニズム
第6章 文化スペース“エスパス・カルダン”
第7章 マキシム、あるいは食宴の伝統
第8章 地球制覇
第9章 カルダン帝国の総帥

原題『Pierre Cardin,son fabuleux destin』Sylvana Lorenz

+関連・リンク+
駿河台出版社
Pierre Cardin
ピエール・カルダン ジャパン

ピエール・カルダンと聞くと、なんだか古~いイメージが…
昔のブランド・イメージは良かったのでしょうが、
ライセンス連発でダメダメになったような印象。
その辺りの話を解き明かしてくれそうな本ですね。
読みたい度70%

|

« 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 | トップページ | 『地球の歩き方 ミャンマー 2008~2009年版』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/16750456

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピエール・カルダン ファッション、アート、グルメをビジネスにした男』:

« 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 | トップページ | 『地球の歩き方 ミャンマー 2008~2009年版』 »