« 『作家の犬』 | トップページ | 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 »

2007/10/13

『どうしてもわからなかったおいしさのひみつ ウー・ウェンクッキングサロン読本(1)小麦粉料理』

ウー ウェン著
朝日出版社 1,500円(税別) ISBN978-4-255-00392-4 07.6刊

+内容+
餃子の章
餅の章
焼麦の章
麺の章
饅頭・包子の章

+関連・リンク+
朝日出版社

一度、おやきを作ろうとしてイマイチだったので、
小麦粉を使った料理は敬遠していました。
しかし、最近になってネパール餃子(モモ)を作り、以外にイケルことが判明。
ネパールで買ったモモ・マサラが無くなるまで、餃子作りは続くかな~。
普通の餃子は買ってきた薄い皮の方が美味しいけれど、
蒸餃子は自分で作った厚めの皮が良い気がします。
粉の料理では、そのうち、うどんにもチャレンジしてみたい…。
読みたい度55%

|

« 『作家の犬』 | トップページ | 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/16750402

この記事へのトラックバック一覧です: 『どうしてもわからなかったおいしさのひみつ ウー・ウェンクッキングサロン読本(1)小麦粉料理』:

« 『作家の犬』 | トップページ | 『終わらない庭 昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」』 »