« 『着物の織りと染めがわかる事典』 | トップページ | 『CHANEL』 »

2007/11/03

『図説 東京 都市と建築の一三〇年』

初田亨 著
河出書房新社 1,800円(税別) ISBN978-4-309-76095-7 07.6刊

+内容+
第1章 近代への助走
第2章 都市生活の楽しみ
第3章 銀ブラを生んだ商店街
第4章 近代都市の誕生
第5章 新しい建築様式を求めて
第6章 モダニズムそしてポストモダンへ
第7章 個性的な都市をつくる

ふくろうの本
震災や戦災で幾度も焦土になりながら、世界的にも類がない力で蘇り、さらなる発展を続ける街、東京。日本の首都であり、常に文化の中心地であるこの街が歩んできた明治・大正・昭和の歴史を、詳細にたどる。

+関連・リンク+
河出書房新社

東京は、特にここ最近急激に変わっている印象です。
色々なランドマークがあちこちに出来て、ついていけない雰囲気も。
世界中でスクラップアンドビルドがこんなに激しい都市も
なかなか無いような気がします。
読みたい度50%

|

« 『着物の織りと染めがわかる事典』 | トップページ | 『CHANEL』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/16954599

この記事へのトラックバック一覧です: 『図説 東京 都市と建築の一三〇年』:

« 『着物の織りと染めがわかる事典』 | トップページ | 『CHANEL』 »