« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/30

『ちょっと本気な千夜千冊虎の巻 読書術免許皆伝』

松岡正剛 著
求龍堂 1,600円(税別) ISBN978-4-7630-0721-6 07.6刊

+内容+
序 千夜千冊の誕生―なぜ千冊の本が全七巻になったのか
1 遠くからとどく声―少年少女のころの本がセピア色にいまよみがえる
2 猫と量子が見ている―カンブリア紀からホーキングまで、「読書する科学」をひもといていく
3 脳と心の編集学校―本は記憶と再生のための編集装置である
4 神の戦争・仏法の鬼―ドストエフスキーとフロイトが投げかけた謎
5 日本イデオロギーの森―この国の奥を見るために、七つの読書モデルをつかってみる
6 茶碗とピアノと山水屏風―古今東西のアーティストごとに本を読む
7 男と女の資本主義―貫一お宮からディートリッヒまで・フェミニズムからネット市場まで

この一冊で千冊を語り、この一冊で千冊を読む。全集「松岡正剛 千夜千冊」の攻略本としてのみならず、全集「松岡正剛 千夜千冊」の体験版として本書があることはもちろんのこと、暗号解読法、目次読書法、マーキング読書法、要約的解読法、図解解読法など、セイゴオ式読書術のノウハウも読者に公開。「なぜそんなに多くの本が読めるのか?」「いつ読んでいるのか?」「苦手な分野の本はどのようにして読むのか?」など、読者の素朴な疑問にも優しく回答。4万部の大ヒット『17歳のための世界と日本の見方』(春秋社)でファンになった読者が「次に読むべきセイゴオ本」としても大注目。また松岡正剛書下ろし<擬画><遊書>を多数掲載。

+関連・リンク+
求龍堂
松岡正剛の千冊千夜 遊蕩篇

2004年10月に「Les Livres」を始めてから3年2か月が経過しました。
過去にも書いたと思いますが、
松岡正剛氏の書評サイト『千夜千冊』を見て、
面白いコンセプトだなと感じたことが、
このブログを始めたきっかけでした。
“一日一冊、本を取り上げる。”
読書評を書き続けるのは自分には難しいけれど、
気になった本を紹介することならば続けられる、ということでとりあえずスタート。
そして、今回の一冊で、お蔭様でようやく一千冊に到達しました。
気の向くまま好きなジャンルの本ばかりを取り上げていたにもかかわらず、
継続して見て下さる方もいらっしゃったようで、本当にありがたいことです。
更新の間隔がかなり開いてしまった時期もありましたが、
ここまで続けることができましたのも
コメント、メッセージを寄せてくださった方々のお蔭です。
一応目標の一千冊にたどり着きましたが、
これからも気負わずに、できるだけ細く長く続けていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

『現代インドを知るための60章』

広瀬崇子,近藤正規,井上恭子,南埜猛 編著
明石書店 2,000円(税別) ISBN978-4-7503-2642-9 07.10刊

+内容+
1 インドの輪郭
2 民主政治がもたらすもの
3 インド経済の光と影
4 複雑な社会を読み解く
5 インドのさまざまな顔

「エリア・スタディーズ」シリーズ
現在10億,それも今世紀半ばには16億に達し中国を抜き世界一の人口保有国になるといわれるインド。この世界最大の民主主義国家インドの,地理・風土から農業生産,カースト制度・宗教・歴史遺産,アヘン栽培,そして近代産業史,躍進するIT産業,現代政治まで,古くて新しい現在の姿を50のトピックで概観する。

+関連・リンク+
明石書店

明石書店の「エリア・スタディーズ」シリーズ、
ネパール旅行の前に『ネパールを知るための60章』を読んだのですが、
現地の文化・社会の理解に結構役立った印象。
馴染みの無い国について、ざっくり理解するには良いと思います。
それにしても、今自分の中でインドがアツイ!
彼の国はITで急成長していて、大きな変化が起きている模様。
いつか必ず訪れたいと思っていますが、
その時には変貌を遂げて消え去っていく部分もあるでしょう。
そういうところを見逃してしまうのが惜しいような気が…。
ちなみに、このシリーズでは『インドを知るための50章』も出ています。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

『完訳 ロビンソン・クルーソー』

ダニエル・デフォー著 / 増田義郎 訳・解説
中央公論新社 2,800円(税別) ISBN978-4-12-003817-4 07.6刊

+内容+
原題『ROBINSON CRUSOE』Daniel Defoe

+関連・リンク+
中央公論新社

子どもの頃に、子ども向けに書かれた本を読んでいて、
大人になってから改めて原作(?)を読んでみると、すごく面白かったりします。
『ああ無情』と『レ・ミゼラブル』、『西遊記』、『ガリバー旅行記』などなど。
『ロビンソン・クルーソー』も子ども向けの本を読んだ記憶がありますが、
“完訳”というのが気になります!
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

『大人のパスタ 組合せが楽しい58レシピ』

萩原雅彦 著
文化出版局 1,500円(税別) ISBN978-4-579-21010-7 07.7刊

+内容+
一味違うスタンダードパスタ
季節を楽しむパスタ春夏編
季節を楽しむパスタ秋冬編
これもパスタ
パスタの種類

“このポイントさえ押さえればおいしくできる”を教えてくれるパスタの本。ポピュラーなものから季節の素材を生かしたもの、おかずとパスタが同時に楽しめる一皿、スープパスタまで、納得の58種類。

+関連・リンク+
文化出版局

手軽に出来るので、パスタはよく食べます。
掲載されているレシピ、冷蔵庫にある材料で作るには難しい気がしますが…
表紙カバーの装丁がレシピ本にありがちな感じではないのが面白い。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

『香水ブランド物語』

平田幸子 著
学習研究社 1,600円(税別) ISBN978-4-05-403453-2 07.7刊

+内容+
第1章 ブランド香水の誕生 パリモードと香水
第2章 ブランド香水の進展 世界のデザイナーたちの香り
第3章 その国らしさを語るメンズの香り
第4章 香り一筋のこだわり フレグランスメゾンの香り
第5章 日本人の感性を熟知した日本発の香り
第6章 記憶に残る香りを生んだ現代の名調香師たち
第7章 上手に香水を選ぶために香りの基本
第8章 香水ブランド事典100

香水のブランドストーリーと名香が誕生したエピソード、時代背景などを、香水評論家の平田幸子氏が独自の視点で書きつづります。ブランドの魅力が再認識されつつある今、香水ブランドを深く知り、より香りを楽しむきっかけとなる本。

+関連・リンク+
学習研究社

フレグランス、昔は色々買ったりしてましたが、
職場で前の前の上司だったお姉さまが香水(パフューム)マニアで
自分の向かいの席に座っていたのですが、あまりに強い匂いがトラウマに…。
それに、夏は汗をかくし、冬はコートに匂いが移るような感じがして、
段々つけないようになりました。
それはともかく、香水はブランドのアイテムの中で一番儲けが出るらしいですね。
そういうのを聞いてから、何だか水みたいなものを
結構な値段で買うのが勿体無いような気に(汗)
ただ、一応知識として知っておきたい事柄ではありますが。
そういえば過去に、ちょこっとつけてただけで銘柄を当てられたことがありました。
それくらい色々分かる人だと、すごい!と思うのですが~。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

『知られざる魯山人』

山田和 著
文藝春秋 2,857円(税別) ISBN978-4-16-369570-9 07.10刊

+内容+
第1章 父と魯山人―昭和三十四年~五十二年
第2章 出生―明治十六年~四十四年
第3章 食客―大正元年~十三年
第4章 星岡茶寮―大正十四年~昭和十一年
第5章 雅陶三昧―昭和十二年~二十年
第6章 永遠なれ魯山人―昭和二十一年~三十四年

吹雪の中、その男はやってきた。消えた魯山人の数々の作品とその署名が、のちの大贋作事件をひきおこす。異色の評伝ここに登場。著者山田和氏の父は、北陸の町に住む新聞記者でしたが、魯山人と親密で家には譲り受けた作品が多数ありました。ところが魯山人の死後まもなく、父は所有の品々のほとんどを処分してしまいます。なぜ父は手許に何も残さなかったのか。古い思い出を手がかりにして、近しくしていたからこそ知ることのできた魯山人の本当の姿。彼は人情を解せず、経営を顧みず、傲岸で計算高く、女好き、だったのか。その強い個性ゆえに毀誉褒貶の激しい魯山人の、これまで彼をめぐって世間に流布した俗説を排し、一新した著者渾身、魯山人伝の決定版!

+関連・リンク+
文藝春秋

美術展などで魯山人の作品に数多く触れてきました。
イサム・ノグチとのかかわりなど、自分の中ですごくエキサイティングだったり。
最近になってその人物像に迫るテレビ番組などを見たりしましたが、
彼の言動に毀誉褒貶、生き方自体に賛否両論あったりするため、
やはり実像は霧の中に霞んで見えるような気がします。
星岡茶寮のエピソードなど色々知りたいですね~。
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

『知ってるつもりの中国語 「同じ漢字」が誤解のモト』

上野惠司 著
アスキー 724円(税別) ISBN978-4-7561-5044-8 07.10刊

+内容+
1章 同じ漢字でも―中国人の勘違い・日本人の勘違い
2章 目的指向の日本語、ビジュアル重視の中国語
3章 なんとお呼びしたらよいやら―親族・敬語・名前
4章 ところ変われば禁句も変わる―罵言考
5章 ロートルの昔がたり―あれも、これも実は中国語
6章 めでたい話の裏側―吉祥・縁起・忌みことば
7章 ラッキーナンバーを探せ―数をめぐって
8章 馬は一匹、豚が一口―助数詞の謎
9章 中国語で「オリンピック」と言ってみよう―外来語を漢字にするには

アスキー新書
「老婆」=女房で、「先生」が亭主!?同じ漢字ならではの勘違い満載。知ってるようで知らなかった、中国語と日本語のビミョーな関係。笑って学べることばのエッセイ。

+関連・リンク+
アスキー

このところ更新が滞っていましたが、
仕事が忙しかったり、風邪をひいていたりということのほかに、
ちょこっと台湾に旅行していました。
3年ぶり、3度目の台湾旅行。
日本ブームもすっかり定着していて、色々なところで日本語を目にしました。
また、台湾では繁体字が使われているため、一応ちゃんと読めるんですよ。
なので、大体書かれている意味・内容が捉えやすい。
「知ってるつもりの中国語」ではなく、全然知らないのですが…
そういう部分に親しみを感じて、日常の習慣など日本の流儀で接してしまうと
思わぬところで誤解を生じたりする危険もあるということですね。
でも、笑い話とか色々出てきそうです。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

『フロイト伝』

カトリーヌ・クレマン著
青土社 2,400円(税別) ISBN978-4-7917-6366-5 07.10刊

+内容+
フロイトのために
不信心なユダヤ人
母たちの扉
愛のドラッグ
アヴィラの聖女テレサと女たちの国
王手―エマの鼻 ドーラの平手打ち
昔々 西で
殺戮の神
ゴッド・ブレス・アメリカ
苦しみの中の光―娘・女・犬
大海原の高まり
空の青は娘の安らぎだ

原題『POUR SIGMUND FREUD』Catherine Cl´ement
写真で読む時代、生涯、理論
医学や心理学のみならず、すべての文化をぬりかえた精神分析の父フロイト。フランスを代表する女性伝記作家が、その生涯と理論を一気に語り下ろす。豊富な写真と個性的な語り口で、フロイトと20世紀に関心あるすべての人に贈る、読んで楽しい入門書。

+関連・リンク+
青土社

フロイトについて書かれたものから
間接的に彼の特に晩年の苛烈な生涯を知ったのですが、
割合ぼやけた輪郭しか伝わってこなかったり…
そのものズバリ『フロイト伝』というのは期待できそうですね。
話は変わりますが、版元の青土社といえば雑誌『ユリイカ』。
自分が大学生の頃は詩をメインにした、かなりお堅い特集ばかりで
あまり興味を持たなかったのですが、
ここに来て「稲垣足穂特集」や「澁澤龍彦」特集を買ったりしています。
結構楽しめる内容の特集もあるんだなぁと思っていたら、
最近『ユリイカ』がベストセラーになってるじゃないですか!
その特集は…「安彦良和」、「荒木飛呂彦」。
改めてチェックしてみたら松本大洋などから、
怖い位の(笑)サブカルまでオドロキの特集が目白押し。
元々はこういうテーマを扱う雑誌ではなかったように思ってましたが、
編集方針が変わったのでしょうか…。
文芸雑誌は全く売れない昨今、
興味を惹く事柄を取り上げるのは歓迎すべきことですが、
昔を知っていると、何となく割り切れないようなアンビバレンツな感情が残ったり。
そういえば、過去にミュージシャンを取り上げて
大ブレイクした文芸雑誌『月刊カドカワ』とかあったなー。
あ、フロイトの話とは全然違いましたね…(汗)。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

『ぜんぶ手塚治虫!』

手塚治虫 著
朝日新聞社 1,100円(税別) ISBN978-4-02-264413-8 07.10刊

+内容+
1 エッセイ
2 シナリオ&小説
3 マンガ
4 講演
5 対談
6 手塚治虫論
7 手塚治虫「ベスト10」作品解説&ダイジェスト

朝日文庫
今なお“マンガの神様”として尊敬される手塚治虫。彼の未発表シナリオ劇場版『ネオ・ファウスト』をはじめ、『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』のマンガ、エッセイ、横尾忠則や石ノ森章太郎などとの対談、講演、小説、そして吉本隆明、開高健、星新一ら著名人が書いた手塚治虫論を厳選。その人柄からマンガに対する情熱、作品まで手塚治虫の魅力を余すところなく網羅した一冊。

+関連・リンク+
朝日新聞社
Tezuka Osamu @World
宝塚市立手塚治虫記念館

あまり漫画は読みませんが、手塚治虫は好きで色々買っています。
知り合いに、演劇が好きならば、と『七色いんこ』を薦められていて
しばらく前に購入して読んだら、これが面白かった!
ということで一気に読んでしまいました。
個人的には、あまり評価されていない(?)『ドン・ドラキュラ』がお気に入りです。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

『隈研吾:レクチャー/ダイアローグ』

隈研吾 著
INAX出版 2,000円(税別) ISBN978-4-87275-144-4 07.9刊

+内容+
ゆれながら建築を考える
はずしとずらし
建築の鍵
「青空カラオケ」を歌おう
構造と表層―そこに近代建築の偽りはなかったか
ポスト地政学の趣都論―ストリート/建築への眼差し
変移する現代住居の諸相をめぐって―所有、ライフスタイル、パラサイト…
家族を容れるハコ―シングルの住居
より過激に、より身軽なほうへ―日本の住宅デザインを考える
痛くないもの
リアリティとしての集合住宅
景観の現在―グローバリゼーションのなかでの変容
ブルーノ・タウト―日向邸から海を臨む

家族、住宅、建築デザイン、都市計画、都市景観の現在をめぐり、建築家・隈研吾が縦横無尽に語りつくす。また、気鋭の建築家、藤本壮介、乾久美子、塚本由晴との本書のために行なわれた対談も収録。隈研吾の思考と仕事の作法を通し、建築の現在と未来が見えてくる。

+関連・リンク+
INAX出版
Kengo Kuma and Associates

バブルの頃はちょっとオカシナ建物を作る人だと思っていて(失礼!)
ずっとそれを引きずっていたのですが…
結構最近になって、クマさんがいつの間にか大変貌を遂げていたことを知りました。
色々な意味で気になる建築家の一人です。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

『ガチャピン&ムックの中国語教室』

三宅登之 監修 / フジテレビKIDS中国語委員会 編
小学館 1,700円(税別) ISBN978-4-09-515661-3 07.7刊

+内容+
新しいチャレンジ?!
中国語でジャカジャカジャンケン
ガチャピンとムックが大ゲンカ!
ムックの本格中華で発音練習
お誕生日おめでとう〈他〉

ガチャピン、ムックと学べる中国語レッスン。ガチャピン、ムックと学ぶ初級向けの中国語学習書。100頁オールカラー。ガチャピン、ムックの声で吹き込んだ音声CDも付属。全27課のレッスンに中華料理名で学ぶ発音練習コーナー、特製ドリルがついている。

+関連・リンク+
小学館
フジテレビKIDSクラブ

ひぇ~!ガチャピン&ムックは中国語までやってるんですねー!
時代は変わるもんですなぁ。
読みたい度35%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

『ロンドン近未来都市デザイン 新建築+新インテリア・ガイド』

清水 晶子著
東京書籍 2,400円(税別) ISBN978-4-487-80052-0 07.7刊

+内容+
見る
   ロンドン市庁舎
   30セント・メアリー・アックス
   ロイズ・レジスター
   201ビショップスゲイト・アンド・ブロードゲイト・タワー
   ミレニアム・ブリッジ
   ハンガーフォード・ブリッジ
   サウス・キー・フットブリッジ
   パディントン・ウォーターサイド
   モア・ロンドン
   アルビオン・リヴァーサイド
   パレストラ
   1ロンドン・ウォール
   ジュビリー・ライン延長区間
   ウェストミンスター駅
   ウォータールー駅
   サザーク駅
   ロンドン・ブリッジ駅
   バーモンジー駅
   カナダー・ウォーター駅
   カナリー・ウォーフ駅
   ノース・グリニッジ駅
   カニング・タウン駅
   ウェスト・ハム駅
   ストラトフォード駅
楽しむ
   テイト・モダン
   大英図書館
   大英博物館グレート・コート
   ビクトリア&アルバート・ミュージアム建築ギャラリー
   科学博物館ウェルカム棟
   ファッション・アンド・テキスタイル・ミュージアム
   サマーセット・ハウス
   ウォレス・コレクション
   サーベンタイン・ギャラリー・サマー・パヴィリオン
   ジェフリー・ミュージアム 20世紀ギャラリー
   ジャーウッド・スペース
   ホワイト・キューブ
   英国航空ロンドン・アイ
   ロイヤル・オペラ・ハウス
   ハムステッド・シアター
   アルメイダ・シアター
   ラバン
   BFIロンドン・アイマックス・シネマ
   アポロ・ウェスト・エンド
   ジ・02(旧ミレニアム・ドーム)
   ウェンブリー・スタジアム
   ローズ・クリケット場メディア・センター
買う
   セルフリッジズ
   ハビタ リージェント・ストリート店
   ロイヤル・エクスチェンジ
   マテリアル・ラブ
   バーバリー ニュー・ボンド・ストリート店
   ステラ・マッカートニー
   アレクサンダー・マックイーン
   ベン・シャーマン カーナビー・ストリート店
   ドーヴァー・ストリート・マーケット
   ジミー・チュウ スローン・ストリート店
   デューク・オブ・ヨーク・スクエア
   スカンディアム
   ウィント&キッド ノッティン・ヒル・ゲイト店
   ウェッジウッド
   フォップ シャフツベリー・アヴェニュー店
   オースティン・リード
   ホス・イントロピア
   アヴェダ・インスティチュート
食べる
   ローズ24
   ヤウアッチャ
   スケッチ
   ノブ
   ザ・ウォーターウェイ
   パール
   ザイーカ
   プラトー
   ウォッピング・フード
   ウム
   ホクストン・アプレンティス
   チェイニー・ウォーク・ブラッセリー
   モコト
   セント・オーボン
   ラウンジラヴァー
   ヴァーティゴ42
   ビエロドローム イズリントン店
   ザ・ブルー・バー
   インク・バー
泊まる
   ザ・カンバーランド
   ロンドン・マリオット・ウェスト・インディア・キー
   グレート・イースタン・ホテル
   ザ・ゼッター
   ヘイマーケット・ホテル
   ヨーテル
   サンダーソン
   マイホテル・チェルシー
   ザ・ヘンペル
   ザ・メトロポリタン

空前の建築ブームに湧くロンドン。1997年から2007年の間に新築された建築物と新装になったインテリアに焦点をあてて,建築デザイン最前線を紹介する,建築家達の造り上げた新しいロンドンを旅するためのガイドブック。

+関連・リンク+
東京書籍

気付いたら、ロンドンに旅行したのはミレニアム。
それからロンドンの街はかなりの変貌を遂げている様子。
新しいランドマークが続々建てられているのを是非見てみたい…。
こればかりは実際に現地に行かないと見られないもんね!
テート・モダン、大英博物館のグレート・コートはもちろん、
ノーマン・フォスターの手掛けた大注目の建築、
シティのランドマークになっている“ガーキン”や
ヘンに曲がってる(?)ロンドン市庁舎などなど。
以前訪れた時には文学&演劇メインで、
まだ建築にそれほど興味は持っていなかったからなぁ。
今行ったら多分見るポイントもかなり変化していると思います。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/14

『メイキング・オブ・ザ・ペニンシュラ東京』

山口規子 著
文藝春秋 2,381円(税別) ISBN978-4-16-369780-2 07.10刊

+内容+
1 ザ・ペニンシュラ東京のすべて
     エントランス
     ザ・ロビー
     螺旋階段&アトリウム
     ゲストルーム
     日比谷スイート
     ヘイフンテラス(起鳳薹)
     Peter
     スパ
     ペニンシュラ・ワールドへようこそ
2 カウントダウン
     ペニンシュラ・アンバサダー
     トレーニング
     シェフ
     ロールスロイス
     ウェディング・リハーサル
     ペニンシュラ・ファミリー
     ペニンシュラ精神を受け継ぐために
     ガーゴイル
     セレブパーティ
     オープニング
     総支配人
3 メイキンブ・オブ・ザ・ペン
     朝礼
     職人
     定点観測
     視察
     完成間近
     インテリアルデザイナー
     アーティスト
     建築家
     ザ・ペニンシュラ東京ができるまで
     ホテル・データ
     ザ・ペニンシュラホテルズの歴史

超高級ホテル、ザ・ペニンシュラ東京が出来るまでを、工事現場からスタッフの研修風景、開業前夜まで追ったフォトドキュメント。

+関連・リンク+
文藝春秋
The Peninsula Hotels
ザ・ペニンシュラ東京

前にあった建物が気付いたら取り壊されていて、ドドンとホテルが。
工事中の時から何となく気になっていました。
有楽町・日比谷辺りは、舞台を観に行ったり、書道のレッスンを受けたり、
買い物をしたりと、毎週のように歩いています。
ザ・ペニンシュラ東京の前もよく通ります。
先日は有名人が泊まっていたのか、出待ち(というのか?)の人が結構いたり。
外観は落ち着いてるけど、中は凄いんだろうなぁと思いつつ通り過ぎてますね。
一度くらいおハイソなホテルに泊まってみたいなと考えているのですが…。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

『北欧デザイン手帖』

長嶺 輝明写真/レスパース編
文化出版局 1,800円(税別) ISBN978-4-579-21019-0 07.10刊

+内容+
DESIGNER
   アイノ・アアルト
   アルヴァ・アアルト
   エリサ・アアルト
   エーロ・アールニオ
   エリック・グンナー・アスプルンド
   オーケ・アクセルソン
   レナ・ベリストロム
   ヨナス・ボリーン
   カイ・ボイエセン
   ルイーズ・キャンベル〈他〉
COMPANY/BRAND
   アラビア
   アルテック
   アスプルンド
   カール・ハンセン&サン
   シービーアイ
   ダンスク
   デイヴィッド・デザイン
   デザイン・ハウス・ストックホルム
   フリッツ・ハンセン
   ジョージジェンセン〈他〉
日本で買える北欧デザイン
北欧デザイン年表

+関連・リンク+
文化出版局

ブームは続いていますね~。
“北欧”と一括りにするのがちょっと気にはなりますが、
自分も以前から結構注目しています。
落ち着いていて、飽きが来なくて、長く使えるデザインがポイントかな。
読みたい度45%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »