« 『ICON 伝説のバレエ・ダンサー、ニジンスキー妖像』 | トップページ | 『筆跡鑑定ハンドブック』 »

2008/01/08

『私を変えたこの一冊 作家24人の名作鑑賞』

集英社文庫編集部編
集英社 457円(税別) ISBN978-4-08-746171-8 07.6刊

+内容+
「地獄変」芥川龍之介―トレーニング(北方謙三)
「河童」芥川龍之介―哀しみの河童(夢枕獏)
「野菊の墓」伊藤左千夫―隠れ野菊はいまもいる(久世光彦)
「伊豆の踊子」川端康成―恋の垣根(橋本治)
「女たちへのいたみうた金子光晴詩集」金子光晴―男たちへのいたみうた(小池真理子)
「ふしぎの国のアリス」キャロル―ファンタジーの原点(阿刀田高)
「青い麦」コレット―恋の原型の小説(田辺聖子)
「堕落論」坂口安吾―覚醒する安吾(立松和平)
「清兵衛と瓢箪・小僧の神様」志賀直哉―ぼくの得意枝(原田宗典)
「汚れつちまつた悲しみに…中原中也詩集」中原中也―1971年の中原中也(秋元康)
「坊ちゃん」夏目漱石―正義と愛(ねじめ正一)
「三四郎」夏目漱石―十五歳の春(三田誠広)
「夢十夜・草枕」夏目漱石―小説における映像主義の発明とその挑戦(大林宣彦)
「吾輩は猫である」夏目漱石―牛の涎(谷川俊太郎)
「怪談」ラフカディオ・ハーン―『怪談』の静寂について(清水義範)
「たけくらべ」樋口一葉―大和ことばの柔らかさ(俵万智)
「偉大なギャツビー」フィッツジェラルド―偉大さと華麗さの間で(柳美里)
「車輪の下」ヘッセ―ハンス・ギーベンラートの哀しみ(畑山博)
「風立ちぬ」堀辰雄―生きようとする祈り(氷室冴子)
「銀河鉄道の夜」宮沢賢治―ひかりをさがして(武田鉄矢)
「高瀬舟」森鴎外―翻訳の不可能なる(林望)
「安南の王子」山川方夫―「血のつながり」の重さ(群ようこ)
「遠野物語」柳田国男―小さな、過激な本(中沢新一)
「怪盗ルパン 奇巌城」ルブラン―探偵小説への道案内人ルパン(大沢在昌)

集英社文庫
読書感想文のお手本に最高の読書エッセイ集。作家の人は青春時代どんな本を読んで作家になったのだろう。北方謙三、田辺聖子ら24人の人気作家は名作のどこに感動したのか。本を読み作家と出会う喜びがギッシリつまったゴージャスな鑑賞集!

+関連・リンク+
集英社

24人の中には自分の嫌いな作家がいたりしますが…(苦笑)
この作家がこんな作品を取り上げているんだ!という意外なものもありましたね。
読みたい度50%

|

« 『ICON 伝説のバレエ・ダンサー、ニジンスキー妖像』 | トップページ | 『筆跡鑑定ハンドブック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/17547233

この記事へのトラックバック一覧です: 『私を変えたこの一冊 作家24人の名作鑑賞』:

« 『ICON 伝説のバレエ・ダンサー、ニジンスキー妖像』 | トップページ | 『筆跡鑑定ハンドブック』 »