« 『筆跡鑑定ハンドブック』 | トップページ | 『舞台を観る眼』 »

2008/01/10

『モーティマー夫人の不機嫌な世界地誌 可笑しな可笑しな万国ガイド』

トッド・プリュザン 編
バジリコ 1,500円(税別) ISBN978-4-86238-045-6 07.7刊

+内容+
第1部 ヨーロッパのおかしな面々―『ヨーロッパの国々』(一八四九)より
第2部 アジアの酔っ払いたち―『かなたの国々第一部 アジア、オーストラリア編』(一八五二)より
第3部 世界でもっとも邪悪な場所―『かなたの国々第二部 アフリカ・アメリカ編』(一八五四)より

原題『THE CLUMSIEST PEOPLE IN EUROPE:Or Mrs.Mortimer's Bad‐Tempered Guide to The Victorian World』Todd Pruzan
そこまでいうか!唖然、呆然、慄然。清々しいほどの独断と偏見が炸裂!フランス―おしゃれだが、不潔。スペイン―怠け者なだけでなく、残酷。イタリア―無知で不道徳。ギリシャ―歌が好きだが、うまくない。トルコ―怠惰だから、賢いはずがない。中国―中国の宗教は全部邪悪。日本―邪悪な風習、ハラキリのある国。などなど、19世紀ヴィクトリア朝時代の児童文学作家、モーティマー夫人がイングランドをほとんど出ずに世界をガイド。あまりに悪びれない差別と偏見に目がくぎづけ!

+関連・リンク+
バジリコ

現代人が読むと凄く笑える内容ですが、
当時の読者の反応はどうだったんでしょうかねぇ?
久々に奇書発見です!
読みたい度80%

|

« 『筆跡鑑定ハンドブック』 | トップページ | 『舞台を観る眼』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/17547266

この記事へのトラックバック一覧です: 『モーティマー夫人の不機嫌な世界地誌 可笑しな可笑しな万国ガイド』:

« 『筆跡鑑定ハンドブック』 | トップページ | 『舞台を観る眼』 »