« 『「独りバー」はこわくない』 | トップページ | 『大好き、食虫植物。』 »

2008/05/27

『森山大道論』

東京都写真美術館 企画・監修
淡交社 2,400円(税別) ISBN978-4-473-03516-5 08.6刊

+内容+
都市の神話(多木浩二)
森山大道へのオマージュ(カール・ハイド)
作品(作家セレクション1)
「律」の匂い(大竹伸朗)
森山大道というジャーナリズム(金平茂紀)
静かに瞬きする光のほとりで(平野啓一郎)
森山大道の核なるもの―二〇〇八年森山大道展に寄せて(岡部友子)
作品(東京都写真美術館収蔵作品「北海道」シリーズより)
廃墟のまなざし(鈴木一誌)
失恋的瞬間―森山大道のブエノスアイレス(笠原美智子)
(渚ようこ)花園神社のヒコーキ

東京都写真美術館で開催される写真家、森山大道の回顧展(2008年5月13日~6月29日)を記念して刊行するアンソロジー。各分野の執筆者の論文と、未発表作品30点を含む、森山大道氏の写真約50点とで構成。

+関連・リンク+
淡交社
森山大道オフィシャルサイト
東京都写真美術館

森山氏は、写真家・細江英公氏の助手をされていた
というところから存在を知ったのですが、
確認してみると、助手の期間はきわめて短い間だったようですね…
過去の写真展は気になりつつも行けなかったのですが、
東京都写真美術館の森山大道展は是非行きたいと考えています。
読みたい度55%

|

« 『「独りバー」はこわくない』 | トップページ | 『大好き、食虫植物。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41329382

この記事へのトラックバック一覧です: 『森山大道論』:

« 『「独りバー」はこわくない』 | トップページ | 『大好き、食虫植物。』 »