« 『藤田嗣治作品をひらく』 | トップページ | 『セクシィ古文!』 »

2008/06/01

『萌える日本文学』

堀越英美 著
幻冬舎 1,500円(税別) ISBN978-4-344-01483-1 08.3刊

+内容+


メイド
ツンデレ
眼鏡っ娘・文学少女
百合
つるぺた・ろりぷに
泣き
鬱展開
人外・ケモノ
その他・萌え属性別
その他・萌えシチュ別

夏目漱石はツンデレ美女に、泉鏡花は姉に、太宰治はメガネっ娘に、堀辰雄は病弱美少女に、中勘助は幼女に、川端康成は不幸美少女に萌え萌え。日本近代文学が“萌え”の宝庫であることを完全解明!!

+関連・リンク+
幻冬舎

日本文学も萌えますか…
読みたい度45%

|

« 『藤田嗣治作品をひらく』 | トップページ | 『セクシィ古文!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41306974

この記事へのトラックバック一覧です: 『萌える日本文学』:

« 『藤田嗣治作品をひらく』 | トップページ | 『セクシィ古文!』 »