« 『キムチの誘惑』 | トップページ | 『シーリングワックスの本』 »

2008/06/07

『日常生活で使ってみたい「侍」の日本語』

市川スガノ 著
日本文芸社 686円(税別) ISBN978-4-537-25592-8 08.5刊

+内容+
第1章 日常で使ってみたい侍の感情表現
第2章 あいさつで使ってみたい侍の日本語
第3章 恋愛で使ってみたい侍の日本語
第4章 ビジネスで使ってみたい侍の日本語
第5章 路上で使ってみたい侍の日本語
第6章 家庭で使ってみたい侍の日本語
第7章 飲み屋で使ってみたい侍の日本語
第8章 偉い人のための殿様の日本語

現代の私たちが日常生活においてよく出くわすシチュエーションに応じた「侍の日本語」の使い方を解説することで、言葉の意味を解説すると同時に、当時の習慣・風俗をも知ることができる一冊。

+関連・リンク+
日本文芸社

副題が「武士の言葉を現代に応用した実戦会話術」。
結構真面目な新書シリーズにこの内容。
「たわけ者めが」、「はて、面妖な」、「これにて御免」、
果ては「もそっと、そばに」、「おぬしも悪よのう」って…
実際に使ってるのを目撃したら絶対に笑う!
でも使ってみたい誘惑に駆られるかも。
読みたい度75%

|

« 『キムチの誘惑』 | トップページ | 『シーリングワックスの本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41397537

この記事へのトラックバック一覧です: 『日常生活で使ってみたい「侍」の日本語』:

« 『キムチの誘惑』 | トップページ | 『シーリングワックスの本』 »