« 『もっと自由に!手で作る本と箱』 | トップページ | 『日本古代木簡字典』 »

2008/06/28

『ショッキング・ピンクを生んだ女』

エルザ・スキャパレリ 著
ブルース・インターアクションズ 2,200円(税別) ISBN978-4-86020-272-9 08.7刊

+内容+
画家のダリが寵愛し、シャネルが嫉妬し、ピエール・カルダンやジヴァンシーを育てた“ファッション業界の女帝”の自伝がついに解禁!「ダリをモードにしてしまったデザイナー、それがスキャパレリだ」「ショッキング・ピンクという色を発明したのも、スキャパレリである」エルザ・スキャパレリ、通称スキャップ。1930~40年代にシャネルとともにパリのオートクチュール界の女帝として君臨した、最も創作力ある個性的なモード界のシュルレアリスト。サルバドール・ダリ、ジャン・コクトー、マン・レイ、彫刻家のジャコメッティたちとの交流を深め、アートとファッションの融合を図る。戦後の日本でも流行したブロード・ショルダー、人体型の容器に入れた香水など、常識に挑戦する卓抜なアイディアで評価を高め、ファスナーをオート・クチュールに初めて導入したのも彼女。スキャパレリのメゾンで働いていたデザイナーには、ピエール・カルダン、ジヴァンシーらがいる。本書は、54年に出版されると同時に本人の引退というショッキングな話題を呼んだ、ファッション業界における古典的名著である。

原題『SHOCKING LIFE:THE AUTOBIOGRAPHY OF ELSA SCHIAPARELLI』Elsa Schiaparelli

+関連・リンク+
ブルース・インターアクションズ

シャネルと同じ頃に活躍した女性デザイナー。
ファッション関連の歴史等では結構名前を耳にするものの、
どういう人物だったかというのは中途半端に知っているくらいなので、
逆に注目してみたり。
同じく女性デザイナーとしてのシャネルとの違いを見ていくと色々面白いかも。
読みたい度65%

|

« 『もっと自由に!手で作る本と箱』 | トップページ | 『日本古代木簡字典』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41638960

この記事へのトラックバック一覧です: 『ショッキング・ピンクを生んだ女』:

« 『もっと自由に!手で作る本と箱』 | トップページ | 『日本古代木簡字典』 »