« 『ワインの科学』 | トップページ | 『もっと自由に!手で作る本と箱』 »

2008/06/26

『TRIP for the FILMS』

種田陽平 著
角川書店 3,000円(税別) ISBN978-4-04-854196-1 08.6刊

+内容+
キル・ビルの青葉屋、有頂天ホテル等世界に誇る日本の美術監督作品集第二弾。クウェンティン・タランティーノをして「クール!!!」と言わしめた青葉屋の血染めのセットを作った男、種田陽平。現在内外問わず、最も依頼の多い美術監督だ。『Town for the Films』後の10年の仕事を追った作品集。

副題:ARTWORKS from“Shikoku"to“The Magic Hour"featuring“KILL BILL Vol.1"1998‐2008

+関連・リンク+
角川書店
YOHTA-design

映画や舞台のセットを見ると、なんだかワクワクしてしまうのは自分だけでしょうか…
映画『KILL BILL Vol.1』の撮影裏話など、興味深い内容も盛り込まれていて楽しい本です。
読みたい度60%

|

« 『ワインの科学』 | トップページ | 『もっと自由に!手で作る本と箱』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41638947

この記事へのトラックバック一覧です: 『TRIP for the FILMS』:

« 『ワインの科学』 | トップページ | 『もっと自由に!手で作る本と箱』 »