« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/31

『クニエダヤスエの和食卓』

クニエダヤスエ 著
じゃこめてい出版 1,600円(税別) ISBN978-4-88043-405-6 08.7刊

+内容+
第1章 ひとりでもおしゃれに!ふだん着のテーブルセッティング
第2章 素敵な和食卓を作るために!クニエダ流基本の器ぞろえと使い方
第3章 色の使い方が決め手!季節感を楽しむテーブルセッティング

基本の和食器ぞろえ ひとり卓からおもてなしまで
〈和〉が見直されていま、日々の食卓を楽しく・素敵に・お手軽にするためのアイデア満載!朝・昼・夕の基本から四季を楽しむテーブル、和食器の選び方・お手入れ・収納法まで、永久保存版の一冊です。

+関連・リンク+
じゃこめてい出版

このところ和食―和食器という感じの繋がりで
食器にも関心を持っています。
シックでいてポップな感じもあり、シンプルなものがいいですね。
具体的に、魚を乗せる皿と納豆小鉢が欲しかったり。
これだというのがなかなか見つからず…。
陶芸教室に通い始め、自分で作ろうと考えているのですが~。
この本で取り上げられている食器の模様など、色々ヒントになりそうです。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/30

『カラー版 ニューヨークは美味しい!』

田村明子 著
角川書店 857円(税別) ISBN978-4-04-710145-6 08.7刊

+内容+
アメリカの食卓
アメリカのふるさとの味、ソウルフード
ユダヤ人街でコーシャを味わう
ユニオンスクエアのグリーンマーケット
本物の店を見つけるために、NYレストランウィーク
ブルックリンの地ビールをどうぞ
ストリートフードのお薦め
感謝祭のターキーディナー
風邪には手作りのチキンスープ
「ディパロズ」の幸せ
進化をとげた寿司たち

角川oneテーマ21
ホットドックから家庭料理までニューヨークの美味しいお店と料理を紹介。街中の魅力と暖かい人たちが満載の一冊。ニュヨークのすべてがわかります。

+関連・リンク+
角川書店

アメリカの食事というと、量が多くて大味というイメージが強い…
でも、ニューヨークはちょっと違うような気がしました。
5月に旅行した時の感想は…
フツーのデリみたいなところで買ったサンドイッチはやはり量も多いけれど大味。
けれども、雰囲気の良いポルトガル料理の店は美味でした。
コリアタウンで食べた韓国料理もよかったし。(量も多めでマンゾク!)
あと、チーズケーキもなかなかウマかった。
(一緒に頼んだコーヒーはカップがサラダのボウルかと思うほど巨大だったけど…)
色々交じり合ってるのがニューヨークという感じなのでしょうか。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/29

『仮名手本忠臣蔵を読む』

服部幸雄 編
吉川弘文館 2,800円(税別) ISBN978-4-642-07152-9 08.8刊

+内容+
仮名手本忠臣蔵とその時代
   寛延元年、大坂道頓堀
   赤穂事件から『仮名手本忠臣蔵』まで
   元禄時代について
   「忠臣蔵文化」の諸相と「忠臣蔵」の魅力
1 仮名手本忠臣蔵と史実の周辺
   元禄時代と赤穂事件の史実
   赤穂事件と「忠臣蔵」における武士道
   仮名手本忠臣蔵の作者たち
2 仮名手本忠臣蔵の史実と虚構―各段を読む
   大序から四段目まで(塩冶判官切腹までの経緯)
   五段目・六段目を中心に(お軽・勘平の物語)
   七段目(一力茶屋の由良之助とお軽・平右衛門)
   八段目・九段目を中心に(本蔵一家の悲劇)
   十段目・十一段目(天河屋義平・討入り)
3 仮名手本忠臣蔵と大衆文化
   忠臣蔵と舌耕文芸
   南北・黙阿弥の『忠臣蔵』とその時代
   忠臣蔵の近代―「実録」と「外伝」の命運
   忠臣蔵の浮世絵

赤穂事件を忠義の物語として語る『仮名手本忠臣蔵』は、今に至るまで絶大な人気があり、歌舞伎・文楽上演の定番でもある。一方で事件の歴史研究は、虚構の物語を覆し元禄の社会を明らかにした。史実と『仮名手本忠臣蔵』との関係を、歌舞伎・落語・小説・近代バレエなどの文化を通して新たに読み解くことで、後世の忠臣蔵人気を支える日本人の心情に迫る。

+関連・リンク+
吉川弘文館
仮名手本忠臣蔵

内容に(コラムですが)ベジャールのバレエ『ザ・カブキ』が含まれているのが驚き!
でも、『ザ・カブキ』はスゴイですよ。
ベジャールの思想が感じられる美しい作品。
歌舞伎の仮名手本忠臣蔵が見事にバレエに組み込まれています。
黒子の使い方、連判状の場面、そしてクライマックスの討ち入りシーンなど、
日本人が観ても(日本人だからこそ?)本当に見事です。
あ、『ザ・カブキ』のことばかり書きましたが
本の内容はシッカリもとの仮名手本忠臣蔵を扱っていますので…。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

『巫女さん入門 初級編』

神田明神 監修
朝日新聞出版 1,400円(税別) ISBN978-4-02-250457-9 08.7刊

+内容+
第1講 「神道」と「神社」の基礎知識
第2講 「神道」と「神社」の応用知識
第3講 食事作法
第4講 大祓詞の奏上
第5講 行事作法
付録 神社と巫女の予備知識

東京・秋葉原の氏神様である神田明神で毎年夏に開かれ、巫女に興味のある女の子から、娘に日本文化を知ってもらいたい親まで、広い人気を誇る「巫女さん入門講座」を完全書籍化。巫女の仕事、礼儀作法、神道の基礎知識、巫女へのインタビューなどを、かわいいイラストを見ながら楽しく学べます!

+関連・リンク+
朝日新聞出版
神田明神

え~、ちょっとシュミ入ってたりするでしょうか(汗)
巫女さんの格好ってなんだか良いですねー。
そういえば、巫女さんは人気バイトの一つにもなってましたっけ?
仕事としては、結構大変そうな気もしますが…。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』

山本昭彦 著
講談社 876円(税別) ISBN978-4-06-272512-5 08.7刊

+内容+
第1章 シャンパン・バブル
第2章 逆境を逆手にゴージャスに変身
第3章 天才修行僧としたたかな未亡人の伝説
第4章 すべての道は格付けに通ず
第5章 シャンパンを3倍おいしく飲む方法
第6章 死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン

講談社プラスアルファ新書
探し出すべし!シャンパンの至宝がここにある!!ブームの酒が身近になる知恵。キーワードは造り手、品種、そして格付け。シャンパン飲みの達人への道、教えます!まずいシャンパンが多すぎる。シャンパーニュ地方は、世界で最も水準の高いワイン産地だが、おいしいものばかりとは限らない。エキスの薄さを泡でごまかし、単純な味わいを甘さでとり繕ったボトルがあふれている。まずいシャンパンを飲んで、こんなものかと思われては、まじめな造り手にも、飲み手にも大いなる不幸というもの。昇天しそうなくらいおいしいシャンパンも無数に存在するのだから。そんな中から本書では「死ぬまでに飲みたい30本」を選んだ。有名だからといって、高品質とは限らない。おいしいシャンパンには理由がある。畑を歩き、造り手の話を聞いているうちにそれが見えてきた。人生は短い。私は本当においしいものだけを飲んで、天国への階段を昇りたい。

+関連・リンク+
講談社

死ぬまでといわず、いつでも飲みたい!(笑)
シャンパン好きです。
結構色々飲んでますが…前にも書いたかもしれないけれど、
一番の好みはヴーヴ・クリコ。“未亡人”ですな。
あのイエローのラベルを見るだけでウットリ(笑)
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/26

『英語訳付き 寿司ガイドブック』

池田書店編集部 編
池田書店 1,200円(税別) ISBN978-4-262-12935-8 08.7刊

+内容+
第1章 寿司を美味しく食べる
       寿司って何?
       寿司の注文の仕方
       寿司の食べ方 箸を使う
       寿司の食べ方 手を使う
第2章 いろいろな寿司を味わってみよう
       赤身
       白身
       光り物
       魚卵
       貝類
       その他
       つまみ
第3章 もっと知りたい寿司のこと
       寿司の材料
       テーブルの上の説明
       江戸前以前―江戸前寿司の誕生
       寿司店での会話

40種以上の寿司ネタとお寿司屋でよくだされるつまみはもちろん、食べ方のマナー、おすしの歴史、さらに注文方法などの英文フレーズなども収録。日本人が来賓の方を寿司屋さんに招待するときや、旅行者が快適にお寿司を楽しむためのガイドブック初登場。

+関連・リンク+
池田書店

外国の人をすし屋に案内することはまず無いと思うけど…
薀蓄語るネタに使えるかな…
ヴィジュアル的にグッドな感じの本です。
あ~、寿司食べたい。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/24

『デジタル一眼レフがわかる』

豊田堅二 著
技術評論社 1,780円(税別) ISBN978-4-7741-3526-7 08.8刊

+内容+
第1章 カメラの基本―カメラを構成するもの
第2章 ファインダー―撮影する画像を確認する
第3章 シャッターと絞り―光が当たる時間を制限する
第4章 撮像素子―CMOSとCCD
第5章 画像ファイルと画像処理―デジタルカメラのデータを知る
第6章 露出制御―側光、シャッターと絞りのコントロール
第7章 フォーカシング―ピント合わせとオートフォーカス
第8章 手ブレ補正とゴミ対策―デジタル時代の新技術
第9章 撮影レンズ―レンズの基本とレンズマウント
第10章 レンズの収差―像を悪化させる正体は?
第11章 ストロボ―しくみと調光

Fist Bookシリーズ
副題:銀塩からデジタルまで一眼レフの歴史としくみを理解する
デジタルカメラの登場ですっかりカメラの常識も一変しました。でも,レンズを通った光線が画像を結ぶという原理は今も変わりません。銀塩カメラでもデジタル一眼でも,光学とレンズ,露出はしくみの理解に欠かせません。本書ではそんな基本とともに,デジタルならではの技術,撮像素子やオートフォーカス,手ブレ補正にホワイトバランスなどを,図解を交えて解説していきます。

+関連・リンク+
技術評論社

職場で時々使うデジタル一眼レフ。
昔の一眼レフの形(?)はそのままに、ピント合わせも簡単で
使い勝手が素晴らしいのは技術の賜物。
パソコンに接続して、マウスでシャッターを切る
という使い方をしていますが、便利ですね~。
それはともかく、手に持ってみても重量感があり、フォルムも美しい。
カメラ好きの人の心理が解るような気がします。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/23

『古代文字練習帳』

文字文化研究所 編著
筑摩書房 2,200円(税別) ISBN978-4-480-85788-0 08.7刊

+内容+
人体の文字
祭祀の文字
自然の文字
宮室の文字
器物の文字
衣服の文字
動物の文字
植物の文字
雑類

+関連・リンク+
筑摩書房
文字文化研究所

じーっと見ていると現在の文字の形が現れてくるような感じが…。
書き順がシッカリ出ているのはちょっとビックリです。
「見る」だけでなく実際に「書いてみる」ことで色々発見がありそうです。
また、個人的には書道や篆刻の素材にも良いと考えたりして。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

『コケの謎 ゲッチョ先生、コケを食う』

盛口満 著
どうぶつ社 1,500円(税別) ISBN978-4-88622-339-5 08.7刊

+内容+
1 コケ屋という病にかかる
2 コケって何?
3 そうだ、京都へ
4 南の島の不思議な事情
5 東京でコケ探検
6 そして、それは持病になった

コケを食う…まずい!この世のものとは思えないほど、まずい!でも、もしかして、コケって、おもしろいかも…。コケは、日本に、1600種。京都で、奈良で、東京で、沖縄で…。街で、田んぼで、森で、山で…、コケを探す。東京の街中にあるコケが、なぜ那覇の街では見られないのか?山頂にあるコケが、なぜ沢ぞいの森では見られないのか?これは“コケ病”にかかり、街や森の風景がすっかり違って見えるようになってしまったゲッチョ先生の、その“初期症状”から“慢性化”までの物語。

+関連・リンク+
どうぶつ社
カマキリ広報

時々出版される“コケ本”
コケ自体は結構地味ながら、何故か惹かれる…。
しかし、何故にコケを食べる?!
しかも、コケにも味があるとは…。
辛かったり、甘味があったり、スゴイな!
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

『いつものカレーをもっとおいしく!うちのごちそうカレー』

主婦の友社 編
主婦の友社 980円(税別) ISBN978-4-07-262125-7 08.8刊

+内容+
1 市販のルーでごちそうカレー
2 エスニックカレー&ドライカレーで本格的なごちそうカレー
3 これはごちそう!和風カレー&めん
4 カレー味のごちそうメニュー
5 お楽しみ!サイドディッシュ&デザート

セレクトBOOKS
副題:45 curry recipes&19 side dishes
市販のルーを使ったカレーで満足していても、ちょっとしたアイディアでもっとおいしくできると知ったら、試してみたくなるでしょう? そんなアイディアをたくさんご紹介するのが、この1冊です。もちろん、本格的なインド風・タイ風カレーの作り方も掲載。さらに、カレー味のスープやサラダ、カレーに添えたいサイドディッシュ&デザートもたくさん集めました。構成はパート1が市販のルーでごちそうカレー(おいしく作るコツと、バリエーションを紹介)、パート2がインド風・タイ風のごちそうカレー(カレー粉で作る、本格的なカレーの作り方が登場)、コラムでおもてなしに向くカレー献立と、子ども向きレシピを紹介します。さらにパート3は和風でごちそうカレー(和風のバリエがいっぱい)、パート4は、カレー味のごちそうワンディッシュ(タンドリーチキンやスープなど)、パート5はカレーに添えたいサイドディッシュ&デザート(手軽にできるものばかり)。


+関連・リンク+
主婦の友社

最近カレー本が多く出ているような気がしますが…。
ブームなんでしょうか??
なんだか無性にグリーンカレーが食べたくなってきた~!
ちょっと変わったカレー、たまに、お手軽なキットを買ってきて作りますが、
かなりイケます!
しか~し、“本格的なカレー”の作り方も気になる、気になる。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/20

『台北歴史散歩 日本統治の足跡と近現代史を探る』

邸景一,荻野純一 文、柳木昭信,伊東ひさし 写真
日経BP企画 2,000円(税別) ISBN978-4-86130-350-0 08.7刊

+内容+
第1章 新荘・萬華・大稲●〔テイ〕
第2章 台北中心部(中正区)
第3章 台北駅周辺
第4章 台北南部
第5章 台北北部
第6章 北投区
第7章 旅の便利帳

旅名人ブックス
●は「つちへん」に呈

+関連・リンク+
日経BP企画

台湾旅行で、例えば、食べ物やお茶など、
もしくは文化に注目しても、
実は歴史についてはよく知らなかったり。
龍山寺、中正紀念堂といった台湾の名所、
また、総統府、紅楼劇場をはじめ日本統治時代の建物は見に行きましたが、
歴史との絡みという観点ではちょっと不案内。
「見る台湾史」というのが具体的にイメージが掴めて面白そう。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

『魯山人の美食 食の天才の献立』

山田和 著
平凡社 800円(税別) ISBN978-4-582-85427-5 08.7刊

+内容+
第1部 美食の哲学
       持ち味を味わう
       美味いものを食べるのではなく、美味く食べる
       料理は真心と聡明さ
第2部 魯山人を食べる
       雑炊とお茶漬―「贅沢な味」の追究
       山葵と鮑―おろし方が味を決める
       すき焼きと湯豆腐―鍋ものの革命
       季節の味覚―時を逃さぬ一品

平凡社新書
食の天才・北大路魯山人はどんな料理を作ったのか?『知られざる魯山人』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した著者が、魯山人が愛した30のレシピからその美食哲学に迫る。

+関連・リンク+
平凡社

このところ北大路魯山人にハマっています。
書、陶芸、料理と一つの枠にとらわれずに活躍した破天荒な美の巨人。
歯に衣着せぬ、かなり癖のあるエッセイを残しているのですが
個人的には料理関連の話が好きだったり。
魯山人の料理はどれもシンプルでいながら奥深いものが感じられます。
あまり関心のなかった和食が自分の中でクローズアップされてきています。
日常生活でも、かなり影響を受けそうな感触。
読みたい度95%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

『手にとるように幕末・維新がわかる本』

岸祐二 著
かんき出版 1,500円(税別) ISBN978-4-7612-6528-1 08.6刊

+内容+
PART1 動乱の幕開け
       植民地化の危機と幕藩体制の弱体化。迷走する幕府は、開国へと踏み切った
PART2 失墜した幕府の威信
       大老暗殺に揺れる幕府は公武合体策に望みをかける
PART3 尊王攘夷の嵐
       土佐、長州で攘夷派が実権を掌握。京や江戸では暗殺が横行する
PART4 窮地に立つ長州藩
       幕府からの圧迫と馬関戦争により長州藩は存亡の危機に直面する
PART5 大政奉還
       同盟して討幕を目指す薩長に将軍慶喜は政権の返上で対抗する
PART6 戊辰戦争
       ついに激突する幕府と新政府。一年半にわたる戊辰戦争が始まる
PART7 明治政府の諸改革
       新政府は廃藩置県を断行し中央集権国家の建設を進める
PART8 西南戦争
       不平士族の反乱が頻発。ついに西郷隆盛が立ち上がる

黒船来航から西南の役までわずか20年とはいえ目まぐるしく変化し、篤姫、坂本龍馬、新撰組、西郷隆盛などの人物が登場した激動の「幕末・維新」。政局や人物関係、戦争の過程などを豊富な図解で解説する。ベストセラー『手にとるように日本史がわかる本』待望の「幕末・維新編」! 巻末に人物事典も収録。

+関連・リンク+
かんき出版

義務教育の歴史の授業は大体江戸時代で時間切れだったっけ?
高校では日本史を選択していなかったので、
どうも幕末から明治辺りがよく分からない。
坂本龍馬、勝海舟など、どういう肩書き・立場の人間で
なぜ国を動かすような活躍ができたのか?
とか基本的なことがよく理解できていなかったり。
手に取るようにわかりたいものです。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

『ちょい大人力検定 子ども以上大人未満の人間関係講座』

石原壮一郎 著
河出書房新社 1,200円(税別) ISBN978-4-309-61650-6 08.7刊

+内容+
1 「友だちとのおつきあい」編―まずはもっとも切実で難しい課題に挑戦しよう
2 「異性とのおつきあい」編―恋愛の怖さを十分に自覚しつつ全力で立ち向かおう
3 「大人とのおつきあい」編―いろいろ理解してあげつつ「異文化との交流」を楽しもう

アラウンド14歳はつらいよ!?友だち、大人との付き合い方から恋愛相談まで、何かと悩みや迷いが多い“ちょい大人”に、大人力の入門版である“ちょい大人力”を伝授。検定方式で学べる目からウロコのサバイバル処世術。

+関連・リンク+
河出書房新社

子どもに向けて書いていながら、
オトナにも当てはまることが結構沢山あったりしてオモシロイ。
で、この本の詳しい内容…
「怖い先輩の喫煙場面に遭遇」、「リレーで転倒しちゃったが…」、
「好きな子がゲロしちゃったら」、「アイドル談義でケンカした」、
なんてかわいいシチュエーションから、
「イマイチな映画の感想」、「ビミョーな発言をどう受け取る?」、
「過失の代償をどう支払う?」、「オバサンのお世辞への返答」、
「理由なき別れへの対応」、「オヤジギャグがスベった」、
みたいなオトナな内容まで。
まぁ、大人と子どもの境界ってものがあるのかないのか、
シームレスに繋がっているからなぁ。
やはり人間関係は重要ですね。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

『庭で飼うはじめてのみつばち ホビー養蜂入門』

和田依子 編著
山と溪谷社 1,800円(税別) ISBN978-4-635-45008-9 08.7刊

+内容+
1 みつばちを飼う暮らし
2 みつばちの贈り物
3 花とはちみつ、甘い関係
4 みつばちの飼い方・つきあい方
「はじめてみつばちを飼う人に」
みつばちはちみつインフォメーション

家庭菜園の次は、自家製のはちみつ作りをしませんか。みつばちは、かわいくてかしこいパートナー。花いっぱいのあなたの庭を、もっと豊かにしてくれるはず。はちみつが採れる花図鑑、全国はちみつ産地マップ、みつばちと暮らす1年(みつばち飼育カレンダー)、養蜂家直営はちみつショップ一覧など、はちみつとみつばちを楽しむ情報が満載!

+関連・リンク+
山と溪谷社

確か、銀座のビルの屋上でミツバチを飼い、
銀座産のはちみつを作っているプロジェクトがあったはず…。
自家製はちみつという響き、いいですね~。
面白そうだし、興味アリ!
と思いましたが、マンションのベランダで
ミツバチなんて飼ったら大変なことになるぞ。
近所からクレームが来て…やはり無理でしょうね~。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

『寺山修司劇場美術館』

PARCO出版 2,800円(税別) ISBN978-4-89194-778-1 08.5刊

+内容+
第1章 空には本―寺山修司の文学
第2章 あゝ、荒野―昭和零年、新宿、あしたのジョー、そしてニューヨーク
第3章 犬神家の人々―寺山修司幻想写真館
第4章 世界の涯てへ連れてって―演劇実験室・天井桟敷
第5章 さらば映画よ―青少年のための映画入門
第6章 毛皮のマリー―寺山修司と美輪明宏
第7章 仮面画報―寺山修司とアーティストたち
第8章 われに五月を―百年たったら、その意味わかる

文学から演劇、映画、スポーツ評論など幅広い活動で時代を駆け抜けた天才・寺山修司の全貌を俯瞰する、画期的ビジュアル本。

+関連・リンク+
PARCO出版

ヴィジュアルで見せる本では平凡社の『寺山修司』を持っていますが、
こちらの方がページ数が倍で、より多くを知ることができそう。
そういえば、最近寺山作品の舞台を観ていないなぁ~。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

『江戸の天文学者 星空を翔ける』

中村士 著
技術評論社 1,580円(税別) ISBN978-4-7741-3515-1 08.7刊

+内容+
第1章 日本天文学の幕開けと渋川春海
第2章 天文将軍、吉宗の登場
第3章 麻田派天文学者と寛政の改暦
第4章 浅草天文台と伊能忠敬の日本全国測量
第5章 日本人を魅了した新奇な西洋天文儀器
第6章 望遠鏡の製作と在野の天文家たち
第7章 いつの時代も天体観望は皆の楽しみ―星空ロマン

『知りたい!サイエンス』シリーズ
副題:幕府天文方、渋川春海から伊能忠敬まで
江戸時代は日本の科学技術の時代であるともいわれます。なかでも天文学は数学とならんで独自の研究が発展していました。そのような天文学を切り開いた一人が江戸幕府で初代の天文方に任命され渋川晴海です。本書は彼以降,天文方のなしたことを時系列的に追う中で,当時天文学はどこまで進んでいたのか,観測はどうやって行われどこまで分かっていたのか,歴法はどのような変遷をたどったのかを追います。そして使われていた望遠鏡や観測機器,星図,民間学者などにもスポットを当て,いろいろな角度から当時の天文学に迫ります。

+関連・リンク+
技術評論社

伊能忠敬が精密な地図を作り上げたのは、
元は地球の大きさを知りたいがための副産物だったというのは有名な話(?)
研究者としてのスタートが天文学からというのがちょっとロマンを感じさせたり。
井上ひさしの小説『四千万歩の男』にもその辺りのことが出ていたなぁ。
そんなことから、西洋の学問と江戸時代の天文学との関連など、
ちょっと興味があったりして。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/11

『京都 和菓子手帖』

佐藤紅 編
光村推古書院 1,200円(税別) ISBN978-4-8381-0394-2 08.7刊

+内容+
春告菓
清涼菓
深山艸菓
高雅佳菓
嘉祥菓

act books
美しく、かわいらしい京都の和菓子を集めた究極の「和菓子カタログ」できました。150点を超える和菓子がせいぞろい。春は桜、夏は涼、秋は紅葉、冬は白雪など、四季を感じる和菓子は、長い伝統を受け継いできたものばかり。京都みやげにも最適の和菓子、いかがですか。

+関連・リンク+
光村推古書院

和菓子、昔は全然ダメだったけれど、だんだん興味が…。
菓子なのに、季節、自然や風物を
グラフィカルに取り込んだ美しさは他に類を見ないもの。
ということで、取っ掛かりは味よりカタチに惹かれて、
段々にという感じでしょうか。
奥深いのに、シンプルで洗練されたカタチに魅了されます。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/09

『小・中学校用 毛筆書写墨場必携』

宮澤鵞州 書
日本習字普及協会 2,200円(税別) ISBN978-4-8195-0278-8 08.6刊

+内容+
小・中学校や書塾の指導者に、書道を学ぼうとする生徒に、題材の選びやすい墨場必携。
語句を豊富に収録。手本400点、活字語句1000点。俳句、短歌を収録。語句を字数順に並べました。現行教科書を基準にしました。履修学年等を明示しました。

+関連・リンク+
日本習字普及協会

そういえば、宮澤先生の講座を受講していたことが…
書道というより、自由に表現するアートのような趣きで、
筆の持ち方や運び方は全然教わらなかった記憶が。
道具など全然使いこなせていなかったけれど、楽しかったなぁ。
「美は力なり」とかテキトーな言葉をつらつら書いていたりして。
で、それを見た先生が、「字の意味に捉われなくていいですよ」と、
サラサラと「時は金なり」と書いて下さいました。
「折角なので、サインをお願いします~」と言ったら、
笑いながら「名前を書くと値段がついちゃうからね~」と断られました。
その半紙、今でもしっかり取ってあります…。
気さくで、穏やか、とてもスマートな印象の方でした。
それにしても、この本を見て初めて、宮澤先生の雅号を知りました(汗)
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

『ジェローム・ロビンスが死んだ ミュージカルと赤狩り』

津野海太郎 著
平凡社 2,800円(税別) ISBN978-4-582-83400-0 08.6刊

+内容+
第1章 ジェローム・ロビンスが死んだ
第2章 非米活動委員会での証言
第3章 ニューヨークのユダヤ青年
第4章 踊る水兵
第5章 ミュージカル映画、街へ
第6章 密告前後
第7章 地獄の底から

『ウエスト・サイド物語』などで20世紀を代表する振付家、ジェローム・ロビンス。その栄光の生涯に潜む影を「ユダヤ」「ゲイ」「共産党」、そして「赤狩り」を軸に鮮やかに描く、津野流評伝の傑作。

+関連・リンク+
平凡社
NEW YORK CITY BALLET

ジェローム・ロビンスといえば、やはり『ウエスト・サイド物語』でしょうか。
う~ん、自分はこのミュージカル、あまり好きでは無かったり。
(完全に個人的な理由が絡んでいるので、作品自体の問題では無い…)
自分の中ではニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)の
振付家としてのイメージが強い。
とはいいつつ、NYCBでリスペクトしている振付家は、やはりバランシンですが(汗)
過去、同バレエ団来日の時もバランシンのプログラムを観てました。
あ、でも5月にニューヨークに行った時に、リンカーンセンターで
「ロビンス作品やりますよ」みたいに告知が出ていたのには、かなり惹かれました。
もう少し行く時期が遅ければバッチリだったんですが~。
NYCBの舞台、やはり一度は本拠地で観てみたいものです。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

『歌舞伎のいき(第1巻)基礎編』

小学館 3,800円(税別) ISBN978-4-09-480351-8 08.6刊

+内容+
歌舞伎について
   歌舞伎のきまり
   歌舞伎の興行
   歌舞伎の歴史
歌舞伎座について
   歌舞伎座の歴史
   歌舞伎座案内
   歌舞伎座の裏側へ

小学館DVD BOOK・シリーズ歌舞伎、DVD1枚
これから歌舞伎を楽しみたい人も、歌舞伎をさらに極めたい人にも、400年の伝統を誇る歌舞伎のすべてがわかる歌舞伎ガイドの決定版です。“呼吸(いき)”が合った芝居、“粋”が魅力の登場人物、裏方さんたちの精魂こめた心“意気”で創られる舞台である「歌舞伎座」を通じて、歌舞伎の歴史、歌舞伎の演目の分類と代表的な演目(時代物、荒事、世話物、和事、舞踊、新歌舞伎、新時代の歌舞伎)と歌舞伎俳優の役柄(立役、女方など)、歌舞伎の化粧法などを紹介。さらに、舞台を支える人々(衣裳、鬘、床山、大道具、小道具、音楽など)、舞台の仕掛けなども紹介し、開場120年目の歌舞伎座のすべて(ロビーから楽屋・舞台裏まで)とともに、その魅力をDVD映像(約95分)と書籍でおおくりします。歌舞伎のイロハと歌舞伎座のすべてがこれ1冊で分かります。

+関連・リンク+
小学館
歌舞伎座

これまで一番行っている劇場は間違いなく歌舞伎座です。
休憩時間に色々歩き回ってたりしますが、まだまだ知らないところが沢山。
篠山紀信の写真集『ザ歌舞伎座』も、舞台裏などを見ることができて
楽しいものでしたが、映像だとまた面白い発見がありそう。
ちなみに歌舞伎座に行くと必ずやるのは
「“花道の下”をくぐる」コト。
どこの席に座っていようと、これは必ずやります(笑)
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

『簡単にできる オーブン陶芸』

伊藤珠子,倉田てる子,酒井智子,関田寿子 著
誠文堂新光社 1,800円(税別) ISBN978-4-416-80822-1 08.6刊

+内容+
日常生活に取り入れたオーブン陶芸の作品たち
オーブン陶芸のキホン
成形のキホン
乾燥のキホン
装飾のキホン
コーティングのキホン
焼成のキホン
オーブン陶芸作品の扱い方
オーブン陶芸Q&A
オーブン陶芸用語集
オーブン陶芸作品の作り方

副題:キッチンで焼ける、わたしだけの器
家庭のオーブンを使って、器が作れる「オーブン陶芸」を紹介します。オーブン陶芸専用の粘土を使って作る食器を中心に成形から焼成までの工程とそのノウハウを紹介します。

+関連・リンク+
誠文堂新光社

現在、陶芸を始めようかと検討中。
自宅で焼けるというのは手軽で良さげですね。
ハッ!しかし一人暮らしの自分のうちにオーブンは無かった…。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

『三省堂 新旧かなづかい便覧』

三省堂編修所 編
三省堂 1,500円(税別) ISBN978-4-385-13848-0 08.7刊

+内容+
新・旧の仮名遣いが異なる語二万語を各々対照して一覧に。同音語には新・旧同じ語もあわせて掲載。巻末には「歴史的仮名遣い概説」、内閣告示「現代仮名遣い」を収録。1999年刊『三省堂新旧かなづかい便覧』の増補新装版。

+関連・リンク+
三省堂

祖母からの手紙は旧かなづかいで書かれていたなぁ。
読むことはできるけれど、書こうと思っても書けない旧かなづかい。
旧かなづかいで文章を書く機会など皆無に等しいけれど、
たまに書いてみると文章の味わいも変わるかも。
そういうことを考えると、これはとても便利な本です。
昔の小説、旧かなづかいだったものは
改版などでどんどん新かなづかいに改められてますね。
確かに旧かなづかいは読みにくいけれど、慣れるとハマる…。
そういえば、旧かなづかいで書かれた井上ひさしの長編小説『東京セブンローズ』、
はじめは、読了できるか?と思ったりしていましたが、すぐに慣れて問題なし。
逆に普通の言葉づかいだと、多分これほど心に迫ったかどうか…という感じでした。
旧かなづかい、普段の生活では知らなくても困らないけれど、
使えるとカッコいいなぁと思います。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/03

『お茶のソムリエの日本茶教室』

高宇政光 著
筑摩書房 720円(税別) ISBN978-4-480-42446-4 08.6刊

+内容+
それでは日本茶セミナーを始めます
おいしいお茶の淹れ方のヒント
「1000円のお茶ください!」―おいしいお茶の買い方のヒント
いつまでもおいしいお茶を―お茶の保存方法
日本茶はどこで作られる?―日本茶産地めぐり
忘れられた日本の番茶
やぶきたって、なに?―品種の話
新茶前線
日本茶力テスト!―日本茶のこと、どれくらい知っていますか?

ちくま文庫
抹茶、玉露、煎茶、釜炒り茶…知らなかった日本茶がこんなにいっぱい?!さまざまな緑茶の、味、おいしい淹れ方選び方、楽しみ方を伝授する。日本茶力テストつき!

+関連・リンク+
筑摩書房
思月園

よく考えると紅茶や中国茶の銘柄は結構詳しいのに、
日本茶については余り知識が無い…
銘柄と商品名がごっちゃになっていたりして。
ちなみに自分のお気に入りの日本茶はうおがし銘茶の安いやつ。
定番になっています。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

『知っておきたい「味」の世界史』

宮崎正勝 著
角川学芸出版 552円(税別) ISBN978-4-04-406408-2 08.6刊

+内容+
1 塩が制した世界の歴史
2 自然界の多様な味
3 味の世界を広げた発酵
4 世界商品になった辛味と匂い
5 大航海時代と新しい味
6 砂糖が率いた嗜好品群
7 うま味追求の時代

角川ソフィア文庫
人の味覚が世界の歴史を変えてきた!「味」への希求で描くおもしろ世界史。身近な食べものを切り口にした「食」「酒」に続くシリーズ第3弾。まず人間にとって最も魅力的な砂糖の甘味、大航海時代にはスパイスの辛味やコーヒーなどの嗜好品、近代はうま味が世界史を動かしてきたことを描く。


+関連・リンク+
角川学芸出版

面白い切り口で世界史を捉えているシリーズ。
自分の中でも意外な発見があったりして。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/01

『これでわかる フェアトレードハンドブック』

FLO(国際フェアトレード認証機構)他 編
合同出版 1,600円(税別) ISBN978-4-7726-0421-5 08.6刊

+内容+
第1章 フェアトレードってなんだ?
第2章 国際貿易における矛盾とフェアトレードの取り組み
第3章 フェアトレード製品の背後にいる生産者たち
第4章 急募!良心的な消費者
第5章 企業のやり方を変えよう―「底辺への競争」を止めるには
第6章 綿と綿織物―ねじれた貿易のヨリを戻すには
第7章 コーヒー生産者へフェアな利益の分配を
第8章 手工芸品―創造性に価値を
第9章 米は命

原題『Business Unusual:SUCCESSES AND CHALLENGES OF FAIR TRADE』

+関連・リンク+
合同出版
フェアトレードリソースセンター
FLO
IFAT
NEWS!
EFTA

フェアトレードについて、仕組み等詳しくはないのですが、関心を持っています。
(一般的な考え方として、結構微妙な部分もあるかもしれませんが…)
日常ではなかなか購入できるところがないような気もするけれど、
品質が良ければ、商品を選ぶ際の選択肢としては
自分の中ではかなり大きな位置を占めると思う。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »