« 『巫女さん入門 初級編』 | トップページ | 『カラー版 ニューヨークは美味しい!』 »

2008/07/29

『仮名手本忠臣蔵を読む』

服部幸雄 編
吉川弘文館 2,800円(税別) ISBN978-4-642-07152-9 08.8刊

+内容+
仮名手本忠臣蔵とその時代
   寛延元年、大坂道頓堀
   赤穂事件から『仮名手本忠臣蔵』まで
   元禄時代について
   「忠臣蔵文化」の諸相と「忠臣蔵」の魅力
1 仮名手本忠臣蔵と史実の周辺
   元禄時代と赤穂事件の史実
   赤穂事件と「忠臣蔵」における武士道
   仮名手本忠臣蔵の作者たち
2 仮名手本忠臣蔵の史実と虚構―各段を読む
   大序から四段目まで(塩冶判官切腹までの経緯)
   五段目・六段目を中心に(お軽・勘平の物語)
   七段目(一力茶屋の由良之助とお軽・平右衛門)
   八段目・九段目を中心に(本蔵一家の悲劇)
   十段目・十一段目(天河屋義平・討入り)
3 仮名手本忠臣蔵と大衆文化
   忠臣蔵と舌耕文芸
   南北・黙阿弥の『忠臣蔵』とその時代
   忠臣蔵の近代―「実録」と「外伝」の命運
   忠臣蔵の浮世絵

赤穂事件を忠義の物語として語る『仮名手本忠臣蔵』は、今に至るまで絶大な人気があり、歌舞伎・文楽上演の定番でもある。一方で事件の歴史研究は、虚構の物語を覆し元禄の社会を明らかにした。史実と『仮名手本忠臣蔵』との関係を、歌舞伎・落語・小説・近代バレエなどの文化を通して新たに読み解くことで、後世の忠臣蔵人気を支える日本人の心情に迫る。

+関連・リンク+
吉川弘文館
仮名手本忠臣蔵

内容に(コラムですが)ベジャールのバレエ『ザ・カブキ』が含まれているのが驚き!
でも、『ザ・カブキ』はスゴイですよ。
ベジャールの思想が感じられる美しい作品。
歌舞伎の仮名手本忠臣蔵が見事にバレエに組み込まれています。
黒子の使い方、連判状の場面、そしてクライマックスの討ち入りシーンなど、
日本人が観ても(日本人だからこそ?)本当に見事です。
あ、『ザ・カブキ』のことばかり書きましたが
本の内容はシッカリもとの仮名手本忠臣蔵を扱っていますので…。
読みたい度55%

|

« 『巫女さん入門 初級編』 | トップページ | 『カラー版 ニューヨークは美味しい!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41999822

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮名手本忠臣蔵を読む』:

« 『巫女さん入門 初級編』 | トップページ | 『カラー版 ニューヨークは美味しい!』 »