« 『江戸の天文学者 星空を翔ける』 | トップページ | 『庭で飼うはじめてのみつばち ホビー養蜂入門』 »

2008/07/13

『寺山修司劇場美術館』

PARCO出版 2,800円(税別) ISBN978-4-89194-778-1 08.5刊

+内容+
第1章 空には本―寺山修司の文学
第2章 あゝ、荒野―昭和零年、新宿、あしたのジョー、そしてニューヨーク
第3章 犬神家の人々―寺山修司幻想写真館
第4章 世界の涯てへ連れてって―演劇実験室・天井桟敷
第5章 さらば映画よ―青少年のための映画入門
第6章 毛皮のマリー―寺山修司と美輪明宏
第7章 仮面画報―寺山修司とアーティストたち
第8章 われに五月を―百年たったら、その意味わかる

文学から演劇、映画、スポーツ評論など幅広い活動で時代を駆け抜けた天才・寺山修司の全貌を俯瞰する、画期的ビジュアル本。

+関連・リンク+
PARCO出版

ヴィジュアルで見せる本では平凡社の『寺山修司』を持っていますが、
こちらの方がページ数が倍で、より多くを知ることができそう。
そういえば、最近寺山作品の舞台を観ていないなぁ~。
読みたい度60%

|

« 『江戸の天文学者 星空を翔ける』 | トップページ | 『庭で飼うはじめてのみつばち ホビー養蜂入門』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/41827466

この記事へのトラックバック一覧です: 『寺山修司劇場美術館』:

« 『江戸の天文学者 星空を翔ける』 | トップページ | 『庭で飼うはじめてのみつばち ホビー養蜂入門』 »