« 『磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ』 | トップページ | 『左対右 きき手大研究』 »

2008/08/03

『楽しい昆虫料理』

内山昭一 著
ビジネス社 1,600円(税別) ISBN978-4-8284-1440-9 08.8刊

+内容+
和食―四季の味を楽しむ
洋風料理―オードブルからメインまで
中華・韓国・エスニック―世界の味を食す
昆虫スイーツ―和と洋のデザート

ゴキブリ雑煮・コオロギピザ・タガメそうめん・カマキリ豆腐…。昆虫料理研究家・内山昭一氏が考案した和・洋・中のレシピ79点を掲載。栗虫ようかん・アリの子のコンポートなど、スイーツも充実。また、『ファーブル昆虫記』の翻訳者としても知られる奥本大三郎氏との「ムシ食い対談」や「採取・購入・飼育まで、食材(虫)の集め方」「うまい虫、まずい虫ランキング」「昆虫の栄養価」などのコラムも収録。昆虫採集や標本づくりだけでなく、新しい昆虫の楽しみ方を提案します。

+関連・リンク+
ビジネス社

ひぇ~!虫を食べるというのが何ともキワモノっぽい感じで…
料理の内容を見て、これまたドッキドキ!
加熱するようになってますが、
ナメクジとかゴキブリとか、衛生的にはダイジョーブ?
しかし、世界的な食糧危機を解決するのは昆虫食だと
色々なところで言われてたりしますし…
日本でもいずれアタリマエの食材になるんでしょうかねぇ~。
読みたい度35%

|

« 『磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ』 | トップページ | 『左対右 きき手大研究』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/42054521

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽しい昆虫料理』:

« 『磯崎新の「都庁」 戦後日本最大のコンペ』 | トップページ | 『左対右 きき手大研究』 »