« 『松竹歌舞伎検定公式テキスト』 | トップページ | 『フランスのブランド美学』 »

2008/08/10

『TOKYO建築50の謎』

鈴木伸子 著
中央公論新社 740円(税別) ISBN978-4-12-150285-8 08.7刊

+内容+
第1章 技術に関する謎
第2章 移動・輸送に関する謎
第3章 和風に関する謎
第4章 住居に関する謎
第5章 流行に関する謎
第6章 再生・循環に関する謎
第7章 場所に関する謎
第8章 歴史に関する謎
第9章 奇想に関する謎
第10章 建築用語に関する謎

中公新書ラクレ
ここ数年の東京の変化はめまぐるしい。再開発ブームで、見知らぬ建物がある日突如として現れる、などということも日常茶飯事だ。そうした建築物を見ていて、さまざまな疑問を抱く人も多いだろう。なぜガラスの建物ばかりなのか?解体はどのように行うのか?歴史的建物はどう保存するのか?都市誌の編集者である著者が、その道の専門家を訪ね歩き、そんな疑問への「解答」を探し求めた。本書は、町歩きのための絶好のガイドブックである。

+関連・リンク+
中央公論新社

この本を読んでから改めて建物を見ると、色々と楽しめそう。
読みたい度70%

|

« 『松竹歌舞伎検定公式テキスト』 | トップページ | 『フランスのブランド美学』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/42120284

この記事へのトラックバック一覧です: 『TOKYO建築50の謎』:

« 『松竹歌舞伎検定公式テキスト』 | トップページ | 『フランスのブランド美学』 »