« 『遺言 アートシアター新宿文化』 | トップページ | 『野田版歌舞伎』 »

2008/09/09

『明太子開発史 そのルーツを探る』

今西一,中谷三男 共著
成山堂書店 5,600円(税別) ISBN978-4-425-88371-4 08.8刊

+内容+
第1章 スケトウダラ
第2章 明太の開発
第3章 明太子の開発
第4章 スケトウダラ(明太)の商品
第5章 原料卵
第6章 たらこ・辛子明太子の製造
第7章 明太と明太子の生産と消費
第8章 流通と販売・業界
第9章 今後の課題

「明太子を作った人は誰か?」「郷土品が全国に拡大したのは?」そもそも明太子とは?」歴史的背景を踏まえて韓国や博多・下関での徹底取材で解明。

+関連・リンク+
成山堂書店

本場の明太子、大好物です。
お堅い出版社が出しているだけあって、硬派なつくりの本ですね。
明太子のあれこれが図など多用して、詳細に述べられています。
まるで研究書のような趣き。
読み終えたら明太子博士になれるかも!
読みたい度65%

|

« 『遺言 アートシアター新宿文化』 | トップページ | 『野田版歌舞伎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/42420480

この記事へのトラックバック一覧です: 『明太子開発史 そのルーツを探る』:

« 『遺言 アートシアター新宿文化』 | トップページ | 『野田版歌舞伎』 »