« 『現代語訳 江戸怪異草子』 | トップページ | 『ふるさとのお店in東京』 »

2009/01/18

『福田繁雄DESIGN才遊記』

福田繁雄 著
DNP文化振興財団 2,500円(税別) ISBN978-4-88752-305-0 08.11刊

+内容+
福田繁雄の才遊記
ポスター作品
評論
立体作品
環境作品
エッセンス・オブ・デザイン
エッセイ
インタビュー&ダイアログ
年譜

「ggg Books」別冊

+関連・リンク+
DNP文化振興財団

先日、グラフィックデザイナーの福田繁雄氏がお亡くなりになりました。
初めて氏の作品を目にしたのは小学生の時。
「視覚サーカス展」でした。
物凄く不思議でエキサイティングなアート作品ばかりで、
以降、福田さんのファンなのです。
ポップなだまし絵がとてもクールだったりして。
2001年に世田谷美術館でお嬢様の福田美蘭展と同時に開催された
美術展も楽しかったなぁ。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
読みたい度80%

|

« 『現代語訳 江戸怪異草子』 | トップページ | 『ふるさとのお店in東京』 »

コメント

福田繁雄さんを 小学生のときに
ご覧になられていたんですね。スゴイ!です。

小生は、ちょうど一年前に板橋の美術館で行なわれた
ブルーノ・ムナーリ展で、福田さんの講演をはじめて
聴きました。もちろんはじめて見ました。

http://hibiteki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_958f.html


こんなに人が集まっているのだから、有名なおじさん
にちがいない・・・といったくらいの気持ちで立ち見
をしたのですが、

いまでも印象に残っている講演で、また、訃報を新聞で
知ったときは驚きました。

ムナーリもそうですが、福田繁雄氏も
僕の中では、その時、“デザインの使徒”という
ふうに形容できるのではないかと思ったことを
覚えています。

投稿: nobu | 2009/01/29 17:30

コメントありがとうございます。
すっかり返事が遅れてしまいまして…(汗)

“デザインの使徒”、まさにそうですね!
アイディアから表現法まで、作品に圧倒されていました。
それにしても、講演を聴かれたというのは羨ましい…。
一度でも、ご本人をナマで拝見したかったデス。

投稿: 黎@管理人 | 2009/04/02 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/43772120

この記事へのトラックバック一覧です: 『福田繁雄DESIGN才遊記』:

« 『現代語訳 江戸怪異草子』 | トップページ | 『ふるさとのお店in東京』 »