« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/01/27

『東京の日本茶カフェ』

東京地図出版 1,400円(税別) ISBN978-4-8085-8514-3 08.8刊

+内容+
1 銀座エリア
2 東京・日本橋エリア
3 渋谷・表参道エリア
4 新宿・池袋エリア
5 そのほかの23区エリア
6 そのほかのエリア

東京にある個性豊かな日本茶カフェをエリアに分け33店舗紹介。創業30周年の老舗店舗から、カジュアルカフェまでを、幅広く掲載しています。日本茶の基礎知識を盛り込み、ガイドとしてだけでなく、日本茶を日々の生活の中に取り入れるための導入本としても使えます。「心のコリをほぐす力」がある日本茶。自分に合ったお茶の時間を見つけるための一冊です。

+関連・リンク+
東京地図出版

そういえば知り合いのアメリカ人が東京に遊びに来た時に思ったのが、
ちゃんとしたコーヒーや紅茶が飲める環境は多いけれど、
日本茶・抹茶を出す店についてはよく知らないということ。
銀座に数店舗あるのは知っていましたが、他の場所になるとイマイチ分からない…。
和菓子がメインの店であれば、お茶もそれなりのものを揃えているのでしょうか~。
とはいえ日本茶は自宅で飲んでいて、外でというのはまずないのですが(汗)
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/25

『誰でもできる手づくり味噌』

永田十蔵 著
農山漁村文化協会 1,400円(税別) ISBN978-4-540-08155-2 08.12刊

+内容+
序章 「自然在身」―みそは生きている
第1章 みそづくりの基礎知識
第2章 永田流みそづくりの実際
第3章 みそ用麹のつくり方―新案・簡易製麹法を公開
第4章 みそを使ったおすすめ料理集

本書は「おままごと」のようなみそつくりの本にあきたらないみそ手づくり派への福音書だ。ワイン・清酒・ドブロク・酢・麹などの著者でもあり醸造全般に造詣の深い著者が極上みそのつくり方のコツを丁寧に解説している。特に、一般の人がつくれる実用的な「豆みそ」の仕込み法は本邦初公開だ。その他、「標準タイプ」のみそ仕込みを指標にして、米・麦・豆・雑穀などを麹にした日本列島の特徴あるみそを自在につくるコツを伝授している。電気コタツを使う簡単な麹つくり、みそ汁・みそ料理も紹介した画期的な本の登場である。

+関連・リンク+
農山漁村文化協会

調味料等、何でも“買ってくる”のが当たり前になってますが、
よく考えると、“自分で作る”という選択肢もあるわけで…。
味噌も、手作りすると面白そう。
発酵食品は理科の実験のようであり、
微生物を飼育しているような感覚も持つことができそうですね。
実は今、ぬか床を持っていまして…
温度やその他の条件で刻々変化するので、その調整が難しくもあり、
長く手をかけていると愛着も湧いてきたりして。
何よりも、食に対して以前よりも関心が深まりました。
味噌の方が、より使う用途が広いので、
うまく作ることができれば重宝しそう。
でも、ホントに簡単にできるのか?!
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/20

『ふるさとのお店in東京』


キョーハンブックス 1,300円(税別) ISBN978-4-87641-700-1 08.12刊

+内容+
北海道編
東北編
関東編
中部編
近畿編
中国・四国編
九州・沖縄編
全国編
番外編
ふるさと産品図鑑

東京都内にある「アンテナショップ」44店舗の詳細情報を一挙掲載。さらに、QRコードで「Map Fan Web観光楽地図」に簡単にアクセスでき、店舗の詳細情報や地図が携帯でも確認できる。

+関連・リンク+
キョーハンブックス

なぜか東京~有楽町(銀座)~新橋に密集しているアンテナショップ。
銀座周辺をぶらぶら歩くだけで日本各地を旅する感覚を楽しむことができます。
自分がよく行くのは北海道、沖縄辺りでしょうか。
東北や四国、九州の店なども覗いてみると、色々な発見ができて面白い!
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

『福田繁雄DESIGN才遊記』

福田繁雄 著
DNP文化振興財団 2,500円(税別) ISBN978-4-88752-305-0 08.11刊

+内容+
福田繁雄の才遊記
ポスター作品
評論
立体作品
環境作品
エッセンス・オブ・デザイン
エッセイ
インタビュー&ダイアログ
年譜

「ggg Books」別冊

+関連・リンク+
DNP文化振興財団

先日、グラフィックデザイナーの福田繁雄氏がお亡くなりになりました。
初めて氏の作品を目にしたのは小学生の時。
「視覚サーカス展」でした。
物凄く不思議でエキサイティングなアート作品ばかりで、
以降、福田さんのファンなのです。
ポップなだまし絵がとてもクールだったりして。
2001年に世田谷美術館でお嬢様の福田美蘭展と同時に開催された
美術展も楽しかったなぁ。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
読みたい度80%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/15

『現代語訳 江戸怪異草子』

浅井了意 著,富士正晴 訳
河出書房新社 660円(税別) ISBN978-4-309-40917-7 08.8刊

+内容+
伽婢子
狗張子

河出文庫
『怪談伽婢子・狗張子』改題
円朝で有名な「牡丹灯籠」も『雨月物語』の「浅茅が宿」も、日本の怪談は「伽婢子」なくして生まれなかった。江戸に爆発的怪談ブームを呼び、日本文学の流れを変えた浅井了意の代表作。続編「狗張子」併録。

+関連・リンク+
河出書房新社

そういえば大学の授業で伽婢子が取り上げられていた記憶が…
短編集のようなアンソロジー的な物語、かなり好きです。
昔は『今昔物語集』、最近は中国の『聊斎志異』など、
不思議な話がとても楽しい!
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

『食べてやせる寿司ダイエット』

伊達友美 著
廣済堂あかつき 800円(税別) ISBN978-4-331-51361-3 09.1刊

+内容+
第1章 寿司は最高のダイエット食
第2章 簡単!寿司ダイエットのルール
第3章 寿司ダイエットの効果を高める油の秘密
第4章 酵素パワーでさらに健康やせ

健康人新書
「寿司ダイエット」は週に最低1回寿司を食べるだけという、画期的ダイエット法。生魚の良質な脂は、体にたまった脂を燃やしやすい状態にしてくれ、しかもコレステロールでも悪玉は下げ、善玉は上げるなど、生活習慣病予防に役立つ働きが多い。まさにメタボ世代必読の簡単ダイエットである。本書では寿司ダイットの詳細なメソッド、さらにやせたい人のための簡単食生活改善法などを紹介。

+関連・リンク+
廣済堂あかつき

リンゴとかバナナとか色々話題になってましたが…
まあ、寿司はもっともだなという感じ。
しかし、なんだか高くつきそうなダイエット法だな~。
って、ダイエットはどうでもいいけど、寿司が食べたい!
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/11

『僕たちの好きな金田一耕助』

別冊宝島編集部 編
宝島社 562円(税別) ISBN978-4-7966-6860-6 09.1刊

+内容+
本陣殺人事件
百日紅の下にて
獄門島
車井戸はなぜ軋る
黒蘭姫
蝙蝠と蛞蝓
暗闇の中の猫
黒猫亭事件
殺人鬼
悪魔が来りて笛を吹く〈他〉

宝島SUGOI文庫
「本陣殺人事件」で颯爽とデビューして以来、「病院坂の首縊りの家」まで、横溝正史の77作品に登場する探偵・金田一耕助。本書は横溝正史とその作品及び金田一耕助を愛する面々による、そのすべての作品のガイドである。タイトル、作品内部の年代、初出データ、事件現場、物語の概要、といった基本、メインの解説、さらに「この作品における金田一耕助」をチェック、登場人物の「名言」で締めくくられたファン待望の一冊。

+関連・リンク+
宝島社
金田一耕助博物館
金田一耕助アートウエーブ

ハイ、何も言うことはありません。
金田一本、いつかは全部揃えたいと思ってるのですが~。
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

『市川崑大全』

映画秘宝編集部 編
洋泉社 1,700円(税別) ISBN978-4-86248-339-3 08.12刊

+内容+
グラビア
市川崑ヒストリー
市川崑のミステリ映画
モダニスト・市川崑
市川崑の時代劇
市川崑の文芸映画
市川崑のドキュメンタリー
市川崑の映像技法

ミステリものの名手か?文芸映画の王様か?テクニックの天才か?国民的巨匠の表と裏の全てがこの1冊でわかる!

+関連・リンク+
洋泉社

金田一耕助シリーズが好きでした。
他にも洒落た味わいの作品など色々。
確か、子どもの頃にテレビで見た映画のCM、『ビルマの竪琴』『鹿鳴館』等は
ほんの短いカットでしたが、かなり記憶に残っています。
“市川監督”を意識するようになってから観た
『黒い十人の女』はとてもクールだったし、
三島由紀夫『金閣寺』の映画化作品『炎上』も素晴らしかった。
『東京オリンピック』は観たいと思いながら未だ果たせず。
硬軟取り混ぜた作品群、改めてその凄さに圧倒されます。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

『男のコートの本』

嶋崎隆一郎 著
文化出版局 1,800円(税別) ISBN978-4-579-11220-3 08.11刊

+内容+
details of the COAT
トレンチコートのはなし
no.1 トレンチコート
no.2 タイプライタークロスのトレンチコート
no.3 カジュアルトレンチ
no.4 ナイロンタフタのショートトレンチ
ピーコートのはなし
no.5 ピーコート
no.6 ビンテージ風ピーコート
no.7 マリン風ピーコート
no.8 ミリタリー風ピーコート
ダッフルコートのはなし
no.9 伝統的なダッフルコート
no.10 オフホワイトのダッフルコート
no.11 キャンバスのダッフルコート
ステンカラーコートのはなし
no.12 正統派のステンカラーコート
no.13 古着風のステンカラーコート
生地のはなし
ボタン、裏地、付属品のはなし
HOW TO MAKE

本格的なメンズコートの本。トレンチコート、ピーコート、ダッフルコート、ステンカラーコートのベーシックなデザインを、布地違いを含めた13点で紹介。S、M、L、XLの実物大パターンつき。

+関連・リンク+
文化出版局

コートフェチなのです(ヘンな意味ではなく)。
まさか自分で作ろうとは思いませんが…。
コートの種類それぞれの形、それぞれに良いなぁと感じるんですよね。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/05

『小倉優子のこりん星のお食事って?』

小倉優子 著
日本文芸社 1,600円(税別) ISBN978-4-537-25618-5 08.9刊

+内容+
1 お料理
2 ファッション
3 お食事
4 おうち・家族・じじ
5 美容とカラダ
6 お仕事
7 オフタイム・友ダチ

トップアイドル・小倉優子のココログでの超人気ブログの完全書籍化。料理、ファッション、仕事、プライベート…。ゆうこりんとこりん星の24時間がすべてわかる!お得意の手料理10種類レシピ付き。

+関連・リンク+
日本文芸社
小倉優子のこりん星のお食事って?

なんだかんだ言って、実はゆうこりん結構好きだったりします(照)
破綻しかかっている(?)キャラ設定も含めて(笑)
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

『死ぬまでに見たい世界の名建築1001』

マーク・アーヴィング 編
エクスナレッジ 7,600円(税別) ISBN978-4-7678-0740-9 08.8刊

+内容+
古代からルネサンスまで
帝国の時代から革命の時代
モダニズムの誕生
モダニズムのグローバル化
ポストモダニズムの台頭
未来に先駆けて

原題『1001 BUILDINGS―YOU MUST SEE BEFORE YOU DIE』
ピラミッドから安藤忠雄や北京オリンピックの「鳥の巣」まで、世界中の名作を総ざらい!死ぬまでに見たい世界の名建築1001件を、カラー図版と解説分で1冊に収録。2007年に刊行された洋書「1001 BUILSINGS-YOU MUST SEE BEFORE YOU DIE」の日本語版。

+関連・リンク+
エクスナレッジ

“死ぬまでに見たい”というタイトルに眼を惹かれましたが…
ただ、1001という数はちと多いような気が~。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/01

『虎屋ブランド物語』

川島 蓉子 著
東洋経済新報社 1,600円(税別) ISBN978-4-492-50184-9 08.9刊

+内容+
第1章 「TORAYA CAFE」の開発
第2章 「とらや東京ミッドタウン店」の出店
第3章 御殿場「とらや工房」
第4章 和菓子の老舗としての存在
第5章 虎屋の経営理念
第6章 「虎屋文庫」の存在
第7章 虎屋ブランドの行方

創業480年、和菓子業界の巨人が新しいブランド「トラヤカフェ」を立ち上げて5年。その成功の影にある「変わらぬ心、新しい心」という理念、揺るがぬブランドの想いを説き明かす。

+関連・リンク+
東洋経済新報社
とらやグループ

時々お遣い物にすることはあるけれど、食べたことはほとんど無いような…
カフェとか気になります。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »