« 『食べてやせる寿司ダイエット』 | トップページ | 『福田繁雄DESIGN才遊記』 »

2009/01/15

『現代語訳 江戸怪異草子』

浅井了意 著,富士正晴 訳
河出書房新社 660円(税別) ISBN978-4-309-40917-7 08.8刊

+内容+
伽婢子
狗張子

河出文庫
『怪談伽婢子・狗張子』改題
円朝で有名な「牡丹灯籠」も『雨月物語』の「浅茅が宿」も、日本の怪談は「伽婢子」なくして生まれなかった。江戸に爆発的怪談ブームを呼び、日本文学の流れを変えた浅井了意の代表作。続編「狗張子」併録。

+関連・リンク+
河出書房新社

そういえば大学の授業で伽婢子が取り上げられていた記憶が…
短編集のようなアンソロジー的な物語、かなり好きです。
昔は『今昔物語集』、最近は中国の『聊斎志異』など、
不思議な話がとても楽しい!
読みたい度80%

|

« 『食べてやせる寿司ダイエット』 | トップページ | 『福田繁雄DESIGN才遊記』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/43700489

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代語訳 江戸怪異草子』:

« 『食べてやせる寿司ダイエット』 | トップページ | 『福田繁雄DESIGN才遊記』 »