« 『TOKYO大学博物館ガイド』 | トップページ | 『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』 »

2009/09/07

『自民崩壊の300日』

読売新聞政治部 著
新潮社 1,400円(税別) ISBN978-4-10-339011-4 09.9刊

+内容+
第1章 麻生政権の誕生
           花道
           密約
           ローゼン閣下
第2章 衆院選先送り
           お友達内閣再び
           定額給付金浮上
           幻のクリスマス解散
第3章 民主党の試練
           政権ブルー
           小沢ショック
           鳩山代表就任
第4章 いざ、決戦へ
           盟友たちの退場
           ぶれる
           衆院解散

なぜ、麻生は決断できなかったのか?自民党「失敗の本質」を徹底検証―。2008年9月、自民党の起死回生を託された麻生政権が誕生。しかし、「リーマン・ショック」に端を発する世界的な景気後退の嵐の中で、麻生首相は幾たびか訪れた解散・総選挙のタイミングをことごとく逃し、野党の攻勢に追い込まれていく。政権発足前夜から300日のドラマを追った緊迫の政治ドキュメント!

+関連・リンク+
新潮社
自由民主党

ヘタなドラマを見るよりもずっと面白かった、政治の「ニュース」。
マスコミのあり方とか、ネットの存在とか、色々考えることもあったりして。
そして、衆院選が終わってから、第2部のスタートという感じでしょうか。
今後も色々目が離せません。
それにしても、自民・民主の政権は置いといて…
今から老後の生活がとても心配です。
親の世代のように余裕のある暮しはできないだろうなぁ…
もう遅いかもしれないけれど、今から備えておかないと(汗)
読みたい度75%

|

« 『TOKYO大学博物館ガイド』 | トップページ | 『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54720/46148710

この記事へのトラックバック一覧です: 『自民崩壊の300日』:

« 『TOKYO大学博物館ガイド』 | トップページ | 『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』 »