2007/07/15

『メモ帳でスタート ビジネスタイピング習熟法』

石田 千代子著
新紀元社 1,700円(税別) ISBN978-4-7753-0548-5 07.5刊

+内容+
1 ブラインドタッチは1秒1キーから
     まず、パソコンの前に座る
     指はホームポジションへ必ずもどす
     練習はWindows『メモ帳』でスタート
     アルファベット26文字タイピング
     「数字」と「記号」のタイピング
     インターネットで腕だめし
2 キー操作はマウスより快適
     Windows操作はキーボードで
     WordやExcelメニューもキーボードで
3 タイピング・レベルアップ
     ビジネス文書へレベルアップ
     25分間で1枚のビジネス文書作成
     英文ワープロへレベルアップ
     英文レターと英文表

+関連・リンク+
新紀元社

タッチタイピング、自己流になってます。
視線がどこに向いてるのかイマイチ曖昧だったりして…
ちゃんとタイピングできるようにしたいと思いつつ、
もう固まってしまったのを直すのは難しいかも。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

『ブログ進化論 なぜ人は日記を晒すのか』

ブログ進化論
岡部 敬史著
講談社 800円(税別) ISBN4-06-272373-5 06.4刊

+内容+
序章 なぜブログは流行ったのか?
      ブームになったのは日記なのか
      日記形式が取り除いた二つの障壁〈他〉
第1章 日記としてのブログ
      ブログで日記を書く醍醐味はコミュニケーションにある
      ドラマ化もされた人気ブログ『実録鬼嫁日記』は、なぜ面白い?〈他〉
第2章 メディアとしてのブログ
      ブログを通じて“フツーの人”が発信することで何が変わったか?
      眞鍋かをりと古田敦也はなぜ支持されるのか〈他〉
第3章 ビジネスとしてのブログ
      ネット上に蔓延した「ゴッゴル」が意味するものとは
      従来のサイトにはない小売店ブログの特性とは?〈他〉

岡部敬史(おかべ・たかし)
エディター&ライター/ブログ評論家。宝島社で、『別冊宝島』の編集者として、数々のヒット作を手がけ、2000年夏に退社。現在は、『このブログがすごい!』(宝島社)の編集をはじめ、ブログ関連の執筆、コメント活動を中心に展開。

+関連・リンク+
講談社

「なぜ人は日記を晒すのか」というのは自分もそう思います…。
このブログは日記というわけではありませんが、
サイトの方では日記を公開しています。
自分の場合、過去に何度か公開しない日記をつけていましたが
一度目は“毎日書く”というのが辛くなって中止、
二度目は“考えたことを書く”としていたら、あまりにも内向きになり、
落ち込んで、重~くなって中止。
なので、公開すれば楽に続けられるかな、ということで公開。
忙しくて一度中断すると、なかなか復帰できないのが問題です…。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/11

『レッツ・レタッチ ガッツリいただき・ノートbook』

レッツ★レタッチ
写真の学校 東京写真学園監修
雷鳥社 1,500円(税別) ISBN4-8441-3444-2 05.11刊

+内容+
1 基本テクニック
2 切り抜き・パスの作成
3 レイヤー大活躍
4 修正・加工術
5 フィルタ機能の活用
6 地道な手作業
7 PhotoshopCS2新機能

PhotoshopCS2でフォトアートを創る。イケメンズに学ぶイケてるレタッチイコール『ナイス写真×イマジネーション』。

+関連・リンク+
雷鳥社
Adobe Systems

作業例に使われている画像、普通はきれいなお姉さんのポートレートとか
かわいい動物とか、カラフルな果物とか、そういう感じですが、
この本の画像…無茶苦茶ポップというか、すごくキッチュで笑えます。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

『編集者・執筆者のための秀丸エディタ超活用術』

翔泳社 1,980円(税別) ISBN4-7981-0947-9 05.9刊

+内容+
1 秀丸エディタのインストール
2 仕事の能率を一挙に上げるWindowsの設定
3 秀丸を使いこなすための動作環境の設定
4 ファイルタイプ設定で書式は自由自在
5 ファイル操作を高速化する必殺キー割り当て
6 原稿整理を自動化する正規表現+マクロ活用術

Wordを使っている編集者・執筆者はプロじゃない!「テキストエディタはワープロの廉価版・普及版」というのは偏見で、事態はまったく逆。エディタは、ワープロの無駄と虚飾を捨て、文章の入力と編集のために必要なさまざまな高度な機能を満載したソフトなのです。文章の専門家である著者や編集者がこの便利なツールを駆使しない手はありません。本書では、200万人が愛用している秀丸エディタを例にとり、入力や編集の仕事に、超役立つテクニックを紹介。とりわけ、編集作業のなかで、一番手間がかかる表記統一作業を短時間で済ませてしまう「正規表現」と「マクロ」の章では、すぐに使える「表記統一マクロ」をCD‐ROMに収録しました。編集者やライターの労力と作業時間を劇的に軽減させる1冊です。
西谷能英(にしたに・よしひで)
老舗の人文系出版社である未来社入社。編集部を経て、代表取締役。現在、日本現代詩人会、日本文芸家協会所属。

+関連・リンク+
翔泳社
秀まるおのホームページ

出版社に入社して、前の部署では
編集作業にMIFESやWZ EDITORを使っていました。
今の部署に移ってから使いはじめたのが秀丸。
はじめは結構軽く見ていたけれど、使い出すとイイんですね、これが。
プライベートでも(この本の紹介ブログの作成も)活用しています。
正規表現も結構使い勝手が良かったりして。
それよりも、マクロを使ってみたいんですけど。
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

『検索エンジン戦争 インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語』

検索エンジン戦争
佐々木 俊尚 / 佐々木 俊尚著 / ジェフ・ルート著
アスペクト 1,500円(税別) ISBN4-7572-1166-X 05.8刊

+内容+
プロローグ インターネットの向こう側で戦争が始まった
第1章 先史時代の検索エンジン
第2章 検索エンジンと広告の物語
第3章 パックス・グーグル(グーグル王国の平和)
第4章 そして、乱世が幕を開けた
第5章 ますます広がる検索エンジンの役割
最終章 パワー・トゥ・ザ・ピープル

さまざまな紆余曲折を経て、インターネットの巨大な玄関となった検索エンジン。その成長は、今も二つの方向で続いている。一つは、デスクトップ検索、商品検索、ニュース検索、社内ナレッジの検索などに見られる検索領域の拡大。そして二つ目は、ブログやRSSとの融合やウェブサービスへの取り組みなど、メディアとしての新たな性質の獲得である。今われわれは、検索エンジンの定義を見直す時期にさしかかっているのかもしれない。
ジェフ・ルート(Jeff Root)
1969年、ミシガン州デトロイトに生まれた。ミシガン州立大で心理学の学士号を取得。現在はECジャパン株式会社で、サーチマーケティング担当パイスプレジデントを務めている。

+関連・リンク+
アスペクト

仕事でも、プライベートでも検索エンジンは絶対必要なものになってます。
だんだん色々なな機能が付与されてきたり、便利になってます。
調べものに最適だけど、頼りきってしまって、そこから先に進展させられなかったり
そういう部分で逆に落とし穴に落ちないかと…
常に注意したいところです。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

『正規表現の達人』

正規表現の達人
イデアコラボレーションズ
ソフトバンクパブリッシング 2,400円(税別) ISBN4-7973-3081-3 05.7刊

+内容+
第1章 正規表現の概要
      正規表現とは
      正規表現で何ができるか
      ワイルドカードとの相違〈他〉
第2章 正規表現の基本
      正規表現のメタキャラクタ
      制御文字の表現
      メタキャラクタのエスケープ〈他〉
第3章 正規表現の実践
      シェルのメタキャラクタを使う(リストを見やすくする)
      シェルのメタキャラクタを使う(ファイル名を補完する)
      コマンドの検索パターンとして使う〈他〉
付録

正規表現を体系的に理解。テキスト処理の定番入門書が増補改訂!ツールごとの差異から実践での考え方までしっかりわかる。最新のUNIX環境・プログラミング言語に対応。

+関連・リンク+
ソフトバンクパブリッシング
サルにもわかる正規表現入門

職場で正規表現を活用するのはUNIX環境、秀丸エディタを使う時くらいですが…
尻尾の部分をチョイと撫でている程度。
もっと深く知れば、色々と効率も上がるのではないかと思ったり。
何となく“達人”という言葉に惹かれた本でした。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/17

『ボクらGooglian プロが教えるGoogle検索テクニック』

プロが教えるGoogle検索テクニック

宙出版 950円(税別) ISBN4-7767-9124-2 04.12

+内容+
Google創業者来日会見
直撃!Google日本―グーグル日本社長独占インタビュー
目指せ!常識人―google de~時事っ
初めての人も丸わかり&すべての機能を伝授!―Google日本全解剖!!!
ヤフーとの違いをわかりやすく解説
グーグルで出きる事全部伝授
ケース別に秘伝の検索テクニックを公開―ググれ!
グーグルで調査開始!―Google調査団
極めろ!Google―徹底カスタマイズ&フリーツール
日本未展開サービス全部見せます―Google英語版〈他〉

即効!使える国内外検索エンジンを一挙紹介。専門分野ポータルサイト内を細かく検索する。アメリカ版Google研究、これから日本にやってくる先端機能を一挙公開。

+関連・リンク+
宙出版
Google
Google Dance

Googlは仕事でバリバリ使っております。
もちろんプライベートでも。
ちょっとした調べものなど、ホントこれが無いと困るくらい。
そんなボクもGooglian?
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)