2008/04/05

『描きかえられた『鉄腕アトム』』

小野卓司 著
NTT出版 2,800円(税別) ISBN978-4-7571-4179-7 08.3刊

+内容+
宇宙からの闖入者
長編から短編まで、読み切りの面白さ
どっこい物語は続いていた
アトム兄弟の物語
アトムも時に家出する
アトム、東奔西走す
人間のエゴの愚かしさ
アイデンティティを求めるロボットたち
人工知能の反乱
ガスにもいろいろあるでガス
魔の手が伸びる
異次元からの来訪者

手塚治虫が自分の作品を初出時からそのご何度も手をいれ書き換えていた(例えば雑誌掲載時に書いたものから、単行本化にあわせてなど。地底国の怪人→アバンチュール21のように作品そのものをリメイクしたことも)ことは有名なエピソードだが、どのように書き換えたのかは、現在では初出時の雑誌を手に入れることも難しく、比較研究することは非常に困難である。 著者は長年かけて『鉄腕アトム』の初出誌を収集、4度行われた単行本化との比較を行った。アトムの各エピソードを紹介するとともに、変更のあったコマを精緻に追っている。手塚、アトムファンにはもちろんのこと、マンガ研究の一級資料ともなる一冊。

+関連・リンク+
NTT出版
Tezuka Osamu @World
宝塚市立手塚治虫記念館

手塚治虫が自身の作品に何度も手を入れていたというのは有名な話。
自分が持っている講談社コミックスの『豪華愛蔵版 鉄腕アトム』(全15巻)の中にも
話のの冒頭に本人が登場してそんなことを語っていたような…。
本人が気に入らなかったり、紙面の都合で書き直したもの、
時代と共に規制がかかったために許されない表現となってしまったものなど、
色々な理由で書き換えられた部分の元がどうなっていたのか、興味津々。
比較して見ることが難しいので、この本は何だか画期的ですね!
こういう本が出ないかなと、密かに思っていたので、喜ばしい限り。
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

『ぜんぶ手塚治虫!』

手塚治虫 著
朝日新聞社 1,100円(税別) ISBN978-4-02-264413-8 07.10刊

+内容+
1 エッセイ
2 シナリオ&小説
3 マンガ
4 講演
5 対談
6 手塚治虫論
7 手塚治虫「ベスト10」作品解説&ダイジェスト

朝日文庫
今なお“マンガの神様”として尊敬される手塚治虫。彼の未発表シナリオ劇場版『ネオ・ファウスト』をはじめ、『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』のマンガ、エッセイ、横尾忠則や石ノ森章太郎などとの対談、講演、小説、そして吉本隆明、開高健、星新一ら著名人が書いた手塚治虫論を厳選。その人柄からマンガに対する情熱、作品まで手塚治虫の魅力を余すところなく網羅した一冊。

+関連・リンク+
朝日新聞社
Tezuka Osamu @World
宝塚市立手塚治虫記念館

あまり漫画は読みませんが、手塚治虫は好きで色々買っています。
知り合いに、演劇が好きならば、と『七色いんこ』を薦められていて
しばらく前に購入して読んだら、これが面白かった!
ということで一気に読んでしまいました。
個人的には、あまり評価されていない(?)『ドン・ドラキュラ』がお気に入りです。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

『完全版 銀河鉄道999 PERFECT BOOK』

宝島社 1,500円(税別) ISBN4-7966-5428-3 06.9刊

+内容+
LEIJI MATSUMOTO GALAXY EXPRESS 999―SPECIAL ILLUSTRATION COLLECTION
松本零士Leiji's infinite world special long interview and illustration gallery
               少年が「ここが俺のの終着駅」と信じるところへ着けばいい
劇場版『劇場版銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999―アンドロメダ終着駅』
   ロマンとしての999
   劇場版キャラクター大図鑑
   精神科医・名越康文が見た劇場版『銀河鉄道999』という世界
   マンガ、TVシリーズ、劇場版における鉄郎、メーテルのキャラ変遷〈他〉
TVシリーズ
   ドラマとしての999
   キャラクター大図鑑―主要6キャラ徹底解説&ゲスト198キャラをジャンル別に紹介!!
   TVシリーズ『銀河鉄道999』カウントアップ99.9
   精神科医・名越康文が見たTVシリーズ『銀河鉄道999』という世界〈他〉

1977年の連載スタートから30年。その年月に色あせるどころか、魅力を増幅させ続ける『銀河鉄道999』という偉大な物語。その壮大なテーマを支えているのが、独特の美しい絵。“永遠の謎”メーテルを中心に、アンドロメダ&エターナル編を併せて一挙掲載。999ワールドを存分に楽しんでいただきたい。

+関連・リンク+
宝島社
松本零士オフィシャルサイト
銀河鉄道999
車掌さんの銀河鉄道株式会社

テレビでよく見ていた記憶が。
メーテルは憧れの女性だったりして(笑)
一度しか見たことがないのに、最終回は今でも覚えています。
ちなみに映画は未見。鉄郎はやっぱりブサイクでないと、違和感あるんですよね…。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/06

『ぼく、ドラえもんでした。 涙と笑いの26年うちあけ話』

小学館 1,500円(税別) ISBN4-09-387654-1 06.6刊

+内容+
第1章 運命の出会い
第2章 テレビ「ドラえもん」スタート!
第3章 『のび太の恐竜』公開!
第4章 映画ドラえもん時代1―怒涛のドラ波
第5章 藤本先生の思い出
第6章 映画ドラえもん時代2―先生の蒔いた種
第7章 ありがとう、ドラえもん。
第8章 伝えていきたいこと

大山のぶ代(おおやま・のぶよ)
1936年10月16日、東京生まれ。女優。都立三田高校在学中に劇団俳優座養成所入学。1956年「この瞳」(NHK)でデビュー。出演作に「名犬ラッシー」「ブーフーウー」「ハリスの旋風」「江戸を斬る」「じゃがいも」など多数。1979年4月~2005年3月まで、ドラえもんの声を26年間担当。2005年「放送ウーマン賞」受賞

+関連・リンク+
小学館
ドラえもん
ドラえもんチャンネル

子どもの頃、実は漫画禁止でした。
旅行や帰省など、長時間の移動の時のみOK(笑)
でも、気付くとドラえもん百科みたいな本を持ってました。
元の漫画はそれほど読む機会が無かったような感じだったのに。
なぜだろう…
何はともあれ、やっぱりドラえもん、好きです。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

『タイムボカンシリーズ 超キャラ&超メカコレクション』

竹書房 2,000円(税別) ISBN4-8124-2660-X 06.5刊

+内容+
1 タイムボカン
2 ヤッターマン
3 ゼンダマン
4 オタスケマン
5 ヤットデタマン
6 逆転イッパツマン
7 イタダキマン
8 怪盗きらめきマン

全8作品のキャラクター&メカを総解説!ストーリー&エピソードも完全収録!秘蔵設定画を大公開!コラムも充実!名キャラクターによる名セリフトリビア!25年の永きに渡り人気を博したSFコメディアニメの金字塔!!タイムボカンシリーズ完全収録。

+関連・リンク+
竹書房
TATSUNOKO PRODUCTION好き好き! タイムボカン

タイムボカンシリーズで一番好きだったのは
やっぱり『ヤッターマン』!
その次が『タイムボカン』かな。
『逆転イッパツマン』以降は良くわかりません…。
って、アニメの話題はモロ年代が判ってしまう~。
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

『4コマ哲学教室』

4コマ哲学教室
南部 ヤスヒロ / 相原 コージ著
イースト・プレス 1,050円(税別) ISBN4-87257-651-9 06.4刊

+内容+
価値判断と事実判断(哲学的思考と科学的思考)
実存主義(サルトル)
たくましい生命力(ニーチェ)
問答法(ソクラテスとプラトン)
演繹法(デカルト)と帰納法(ベーコン)
死生観(ハイデガーとキルケゴール)
幸福論(絶対的幸せと相対的幸せ)
宗教(デューイ)
アイデンティティの確立
「愛」と「自由」
運命の時
定言命法(カント)
弁証法(ヘーゲル)的展開~構造主義(ロラン・バルトとレヴィ・ストロース)
ポストモダン(デリダとレヴィナス)~答えの見つからない旅は続く

一生役立つ哲学講座!某高等学校で実際に教鞭をとっている著者が、相原コージ氏の連作4コマ漫画を教材にして、気になる哲学を優しくレクチャー。
南部ヤスヒロ(なんぶ・やすひろ)
某高校で政経・倫理の教鞭を執るとともに、カウンセラー(JECA上級カウンセラー)として生徒の教育相談・進路指導に当たっている。
相原コージ(あいはら・こーじ)
『八月の濡れたパンツ』でデビュー。揺るぎない自虐ネタとともに、常に前人未踏の実験性を模索するまさにギャグの求道者。

+関連・リンク+
イースト・プレス

大学時代、知り合いに貰った『コージ苑』、結構好きでした。
かな~りお下劣な内容だったけど…。
哲学的内容よりも、やはり漫画に目が行ってしまうかも。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

『陰陽師 12』

陰陽師 12
岡野玲子著 / 夢枕獏原作
白泉社 819円(税別) 4-592-13222-X 05.7刊

+内容+
安倍晴明 天の珠を得ること
帝 新造内裏へ遷御す
藤原兼家 新嘗祭に於いて 自ら神饌をつとむ
安倍晴明 火珠と方諸を手に入れること〈他〉

+関連・リンク+
白泉社
OGDOAD

ブームになる前から陰陽師・安倍晴明には注目していました。
このシリーズ、いよいよ完結かと思ったら、まだ続きが…
スタート時の説話的な内容から、難解なストーリーに変化してきて、
どこに行くのだろうか、と思ったり。
読みたい度95%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

『バットマン・パーフェクト・ガイド』

バットマンパーフェクト・ガイド
ボブ・ケイン原作 / スコット・ビーティ著
小学館プロダクション 3,500円(税別) ISBN4-7968-7023-7 05.6刊

+内容+
バットマンの世界
   バットマンの誕生
   バットマンのコスチューム〈他〉
バットマンの協力者たち
   アルフレッド
   ナイトウィング〈他〉
悪漢ギャラリー
   アーカム・アサイラム
   ジョーカー〈他〉
バットマンの経歴
   ゴールデンエイジのバットマン
   シルバーエイジのバットマン〈他〉

原題『BATMAN THE ULTIMATE GUIDE TO THE DARK KNIGHT』Scott Beatty
「バットマン」のクリエーターおよびDCコミックスの全面協力を得て編集した究極のバットマン・ガイド!!ストーリーや名シーンの数々を500点以上のオリジナル・イラストで詳細に解説した決定版!!巻末にはバットマンの歴史が一目でわかる「バットマン・タイムライン」と詳細な索引を収録した永久保存版!!バットマン、ロビンはもちろんのこと、ジョーカーやキャットウーマン、スケアクロウにラーズ・アル・グールなど悪役キャラクターも徹底解剖!!豪華カラーイラストにより、バットケイブ、バットモービルなど武器や装置の秘密機能が明らかに!!伝説となったフランク・ミラーの名作『ダークナイト・リターンズ』や2000年以降に発表された主要シリーズの解説も補充。
スコット・ビーティ
アイオワ州立大学にてフィクション・ライティングの文学修士号を取得。英語教師、ラジオのパーソナリティ、雑誌編集者を経験。

+関連・リンク+
小学館プロダクション
アメコミくえすと

現在公開されている映画のガイドではなく、
劇画のバットマンの世界を手軽に知ることができる一冊。
悪役キャラが沢山いることや、ロビンが代替わりしていること、
ウェインの自宅公開(?)などなど、
アメコミの絵のタッチそのままに解説されていて興味深い。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

『マンガ名作講義』

情報センター出版局 1,500円(税別) ISBN4-7958-2963-2 05.6刊

+内容+
第1章 スポーツ/闘い
第2章 SF/ファンタジー
第3章 人間ドラマ
第4章 笑い
第5章 ラブストーリー
第6章 歴史
第7章 ヒーロー/ヒロイン

『天才バカボン』でギャグを体得し、『自虐の詩』で人生の意味に気づき、『漂流教室』で人間の狂気に身をよじり、『ねじ式』で不条理な世界を知り、『銀河鉄道999』で命について考える。居眠りできないおもしろさ。

+関連・リンク+
情報センター出版局

取り上げられている漫画は少々レトロな感じもする名作揃い。
講義する人との組み合わせも楽しめます。
一作品の内容が少々少な目。
もう少しボリュームがあっても良いかな、と思いました…
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/02

『火の鳥 公式ガイドブック―悠久の時に刻まれる生命の謎と真実』

火の鳥公式ガイドブック
手塚プロダクション
ナツメ社 1,500円(税別) ISBN4-8163-3884-5 05.6刊

+内容+
第1章 火の鳥入門
第2章 「火の鳥」全あらすじと読みどころ
第3章 宇宙生命の象徴“火の鳥”の真実
第4章 エピソードに登場する主人公たちの生と死
第5章 永遠の権力を熱望した人間たちの生と死
第6章 母性を象徴する魅力的な女たち
第7章 ロボットと機械を全解剖する
第8章 不思議な超生物の真実

今、よみがえる不死鳥伝説。単行本未収録作「火の鳥 休憩」を完全再録!構想中だった「大地編」、未完の「望郷編」別バージョンを解説!各編を年代順に並べ替え、あらすじを一挙紹介。

+関連・リンク+
ナツメ社
手塚治虫@ワールド
TezukaOsamu@Book
手塚治虫アニメワールド
宝塚市立手塚治虫記念館
手塚治虫のすべて

アサヒソノラマ版で全巻持っています。
手塚漫画の中でも好きな作品の一つ。
どちらかというと過去の歴史編の方が好きかな。
未来はデザイン的に「過去の未来」という感じがしてしまって…
しかし、壮大なテーマは未来の方が明確に伝わってくるように思われます。
軽い気持ちで揃えていったのですが、読んでいくうちにどんどん重くなったりして。
落ち込んでるときには読むのは避けるべき作品のような気がします。
知り合いの人が、入院中にお見舞いで『火の鳥』を貰って読んだら
気持ちがどよ~んとして大変だったそうです(苦笑)
読みたい度80%

| | コメント (0) | トラックバック (0)