2009/09/16

『焼きそばレシピ』

スタジオダンク 編
双葉社 900円(税別) ISBN978-4-575-30164-9 09.9刊

+内容+
ご当地焼きそば
ソース焼きそば
塩焼きそば
あんかけ焼きそば
和風焼きそば
中華・エスニック焼きそば
海鮮焼きそば
ジャンク焼きそば
ヘルシー焼きそば
屋台風焼きそば
豪華焼きそば

副題「フライパンひとつで麺を楽しむ122品」
今、スーパーで焼そばの玉が売れに売れている。理由は一人前40円以下という安さ。富士宮、太田など人気のご当地ものから、屋台風、カタ焼きそば、エスニック、ジャンクなど、100を越えるレシピを紹介!焼きそばフリークも満足の1冊。

+関連・リンク+
双葉社
スタジオダンク

特別、好きだ!という訳ではないけれど、
時々無性に食べたくなることがあります。
ひとくちに焼きそばと言っても
ソース、かたやきそば、あんかけ…色々ありますね。(塩だれもイイ!)
そういえば、知り合いの台湾の人が作ってくれた
“中華・ベジタリアン仕様の焼きそば”なんていうのも経験アリ。
ホントにバラエティに富んでますね~。
ちなみに自分で作るのはオーソドックスな、ソース焼きそばです。
市販の焼きそばについてくる粉末ソースが意外に(?)ウマかったりして~
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/09

『早い!かんたん!おいしい圧力鍋レシピ』

今泉久美 著
西東社 1,000円(税別) ISBN978-4-7916-1664-0 09.10刊

+内容+
PART1 圧力鍋レシピ人気BEST10
PART2 圧力鍋で簡単アレンジおかず
PART3 圧力鍋でもっとおいしい!いつものおかず
PART4 二段調理でラクラク献立
PART5 特別な日のごちそうレシピ

『暮らし応援BOOKS』シリーズ
圧力鍋だからこその、短時間で作れるおいしいレシピを集めました。毎日のおかずから特別な日のごちそう、スイーツまで、頼りになる圧力鍋。めんどう?むずかしそう?と思われがちですが、コツさえつかめばいろいろ使えます。二段調理なら主菜・副菜が一気に完成して、さらに便利。

+関連・リンク+
西東社

圧力鍋、使っています。
煮豚とか、カレーとか、かな~り楽にできます。
和食の煮物もまずまずという感じ。(煮え方の調整が少し難しい…)
ただ、圧力鍋でラタトゥイユを作ってみたのは失敗でした。
やはり煮詰める感じの料理には使えませんね…。
もっと様々な料理に使えそうですが、
参考になるレシピや使い方を色々知れば、更に活用できそうです。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/27

『東京の日本茶カフェ』

東京地図出版 1,400円(税別) ISBN978-4-8085-8514-3 08.8刊

+内容+
1 銀座エリア
2 東京・日本橋エリア
3 渋谷・表参道エリア
4 新宿・池袋エリア
5 そのほかの23区エリア
6 そのほかのエリア

東京にある個性豊かな日本茶カフェをエリアに分け33店舗紹介。創業30周年の老舗店舗から、カジュアルカフェまでを、幅広く掲載しています。日本茶の基礎知識を盛り込み、ガイドとしてだけでなく、日本茶を日々の生活の中に取り入れるための導入本としても使えます。「心のコリをほぐす力」がある日本茶。自分に合ったお茶の時間を見つけるための一冊です。

+関連・リンク+
東京地図出版

そういえば知り合いのアメリカ人が東京に遊びに来た時に思ったのが、
ちゃんとしたコーヒーや紅茶が飲める環境は多いけれど、
日本茶・抹茶を出す店についてはよく知らないということ。
銀座に数店舗あるのは知っていましたが、他の場所になるとイマイチ分からない…。
和菓子がメインの店であれば、お茶もそれなりのものを揃えているのでしょうか~。
とはいえ日本茶は自宅で飲んでいて、外でというのはまずないのですが(汗)
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/25

『誰でもできる手づくり味噌』

永田十蔵 著
農山漁村文化協会 1,400円(税別) ISBN978-4-540-08155-2 08.12刊

+内容+
序章 「自然在身」―みそは生きている
第1章 みそづくりの基礎知識
第2章 永田流みそづくりの実際
第3章 みそ用麹のつくり方―新案・簡易製麹法を公開
第4章 みそを使ったおすすめ料理集

本書は「おままごと」のようなみそつくりの本にあきたらないみそ手づくり派への福音書だ。ワイン・清酒・ドブロク・酢・麹などの著者でもあり醸造全般に造詣の深い著者が極上みそのつくり方のコツを丁寧に解説している。特に、一般の人がつくれる実用的な「豆みそ」の仕込み法は本邦初公開だ。その他、「標準タイプ」のみそ仕込みを指標にして、米・麦・豆・雑穀などを麹にした日本列島の特徴あるみそを自在につくるコツを伝授している。電気コタツを使う簡単な麹つくり、みそ汁・みそ料理も紹介した画期的な本の登場である。

+関連・リンク+
農山漁村文化協会

調味料等、何でも“買ってくる”のが当たり前になってますが、
よく考えると、“自分で作る”という選択肢もあるわけで…。
味噌も、手作りすると面白そう。
発酵食品は理科の実験のようであり、
微生物を飼育しているような感覚も持つことができそうですね。
実は今、ぬか床を持っていまして…
温度やその他の条件で刻々変化するので、その調整が難しくもあり、
長く手をかけていると愛着も湧いてきたりして。
何よりも、食に対して以前よりも関心が深まりました。
味噌の方が、より使う用途が広いので、
うまく作ることができれば重宝しそう。
でも、ホントに簡単にできるのか?!
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

『食べてやせる寿司ダイエット』

伊達友美 著
廣済堂あかつき 800円(税別) ISBN978-4-331-51361-3 09.1刊

+内容+
第1章 寿司は最高のダイエット食
第2章 簡単!寿司ダイエットのルール
第3章 寿司ダイエットの効果を高める油の秘密
第4章 酵素パワーでさらに健康やせ

健康人新書
「寿司ダイエット」は週に最低1回寿司を食べるだけという、画期的ダイエット法。生魚の良質な脂は、体にたまった脂を燃やしやすい状態にしてくれ、しかもコレステロールでも悪玉は下げ、善玉は上げるなど、生活習慣病予防に役立つ働きが多い。まさにメタボ世代必読の簡単ダイエットである。本書では寿司ダイットの詳細なメソッド、さらにやせたい人のための簡単食生活改善法などを紹介。

+関連・リンク+
廣済堂あかつき

リンゴとかバナナとか色々話題になってましたが…
まあ、寿司はもっともだなという感じ。
しかし、なんだか高くつきそうなダイエット法だな~。
って、ダイエットはどうでもいいけど、寿司が食べたい!
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

『明太子開発史 そのルーツを探る』

今西一,中谷三男 共著
成山堂書店 5,600円(税別) ISBN978-4-425-88371-4 08.8刊

+内容+
第1章 スケトウダラ
第2章 明太の開発
第3章 明太子の開発
第4章 スケトウダラ(明太)の商品
第5章 原料卵
第6章 たらこ・辛子明太子の製造
第7章 明太と明太子の生産と消費
第8章 流通と販売・業界
第9章 今後の課題

「明太子を作った人は誰か?」「郷土品が全国に拡大したのは?」そもそも明太子とは?」歴史的背景を踏まえて韓国や博多・下関での徹底取材で解明。

+関連・リンク+
成山堂書店

本場の明太子、大好物です。
お堅い出版社が出しているだけあって、硬派なつくりの本ですね。
明太子のあれこれが図など多用して、詳細に述べられています。
まるで研究書のような趣き。
読み終えたら明太子博士になれるかも!
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/08

『プロが教える魚のさばき方と魚料理』

小川貢一 ほか監修
翔泳社 1,480円(税別) ISBN978-4-7981-1663-1 08.7刊

+内容+
和包丁の「基本」を知る
魚さばきを極める
魚料理を極める
生きのよい魚の「目利き」と「保存」

テレビ、コミックでおなじみの「築地魚河岸三代目」他、一流料理人が教える、「旬」の魚をさばく本!本書は、「dancyu」などの料理雑誌でも大人気のテーマ「魚をさばく」&「魚料理」の本です。さばき方だけでなく料理人直伝の人気の鍋メニューや珍味メニューも紹介します。釣りや料理が趣味の男性はモチロン、カンタンでかっこよく見える調理方法を知りたい!おいしい代表的なレシピを知りたい!といった女性(主婦)にとっても「買って間違いなし」の一冊です。その他、名人によるおいしい魚の見分け方や、包丁の使い方などを、親切丁寧に解説します。

+関連・リンク+
翔泳社

子どもの頃は魚が大の苦手でした。
その後、寿司、刺身、焼き魚も食べるようになったけれど…
自分で作る料理のレパートリーに魚は一切含まれず。
肉がなければ食事じゃない!という感じでしたが、
最近、北大路魯山人のエッセイを読んだりしているうちに、
魚もいいんじゃないかい?みたいに考えが変化してきました。
魚がさばけたりするのもカッコいいかな、とか思ったりして(苦笑)
それにしても、技術系の本を多く出している出版社から
料理の本が刊行されるのはちょっと不思議な印象。
まぁ、技術といえば技術ですが…。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

『楽しい昆虫料理』

内山昭一 著
ビジネス社 1,600円(税別) ISBN978-4-8284-1440-9 08.8刊

+内容+
和食―四季の味を楽しむ
洋風料理―オードブルからメインまで
中華・韓国・エスニック―世界の味を食す
昆虫スイーツ―和と洋のデザート

ゴキブリ雑煮・コオロギピザ・タガメそうめん・カマキリ豆腐…。昆虫料理研究家・内山昭一氏が考案した和・洋・中のレシピ79点を掲載。栗虫ようかん・アリの子のコンポートなど、スイーツも充実。また、『ファーブル昆虫記』の翻訳者としても知られる奥本大三郎氏との「ムシ食い対談」や「採取・購入・飼育まで、食材(虫)の集め方」「うまい虫、まずい虫ランキング」「昆虫の栄養価」などのコラムも収録。昆虫採集や標本づくりだけでなく、新しい昆虫の楽しみ方を提案します。

+関連・リンク+
ビジネス社

ひぇ~!虫を食べるというのが何ともキワモノっぽい感じで…
料理の内容を見て、これまたドッキドキ!
加熱するようになってますが、
ナメクジとかゴキブリとか、衛生的にはダイジョーブ?
しかし、世界的な食糧危機を解決するのは昆虫食だと
色々なところで言われてたりしますし…
日本でもいずれアタリマエの食材になるんでしょうかねぇ~。
読みたい度35%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/30

『カラー版 ニューヨークは美味しい!』

田村明子 著
角川書店 857円(税別) ISBN978-4-04-710145-6 08.7刊

+内容+
アメリカの食卓
アメリカのふるさとの味、ソウルフード
ユダヤ人街でコーシャを味わう
ユニオンスクエアのグリーンマーケット
本物の店を見つけるために、NYレストランウィーク
ブルックリンの地ビールをどうぞ
ストリートフードのお薦め
感謝祭のターキーディナー
風邪には手作りのチキンスープ
「ディパロズ」の幸せ
進化をとげた寿司たち

角川oneテーマ21
ホットドックから家庭料理までニューヨークの美味しいお店と料理を紹介。街中の魅力と暖かい人たちが満載の一冊。ニュヨークのすべてがわかります。

+関連・リンク+
角川書店

アメリカの食事というと、量が多くて大味というイメージが強い…
でも、ニューヨークはちょっと違うような気がしました。
5月に旅行した時の感想は…
フツーのデリみたいなところで買ったサンドイッチはやはり量も多いけれど大味。
けれども、雰囲気の良いポルトガル料理の店は美味でした。
コリアタウンで食べた韓国料理もよかったし。(量も多めでマンゾク!)
あと、チーズケーキもなかなかウマかった。
(一緒に頼んだコーヒーはカップがサラダのボウルかと思うほど巨大だったけど…)
色々交じり合ってるのがニューヨークという感じなのでしょうか。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』

山本昭彦 著
講談社 876円(税別) ISBN978-4-06-272512-5 08.7刊

+内容+
第1章 シャンパン・バブル
第2章 逆境を逆手にゴージャスに変身
第3章 天才修行僧としたたかな未亡人の伝説
第4章 すべての道は格付けに通ず
第5章 シャンパンを3倍おいしく飲む方法
第6章 死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン

講談社プラスアルファ新書
探し出すべし!シャンパンの至宝がここにある!!ブームの酒が身近になる知恵。キーワードは造り手、品種、そして格付け。シャンパン飲みの達人への道、教えます!まずいシャンパンが多すぎる。シャンパーニュ地方は、世界で最も水準の高いワイン産地だが、おいしいものばかりとは限らない。エキスの薄さを泡でごまかし、単純な味わいを甘さでとり繕ったボトルがあふれている。まずいシャンパンを飲んで、こんなものかと思われては、まじめな造り手にも、飲み手にも大いなる不幸というもの。昇天しそうなくらいおいしいシャンパンも無数に存在するのだから。そんな中から本書では「死ぬまでに飲みたい30本」を選んだ。有名だからといって、高品質とは限らない。おいしいシャンパンには理由がある。畑を歩き、造り手の話を聞いているうちにそれが見えてきた。人生は短い。私は本当においしいものだけを飲んで、天国への階段を昇りたい。

+関連・リンク+
講談社

死ぬまでといわず、いつでも飲みたい!(笑)
シャンパン好きです。
結構色々飲んでますが…前にも書いたかもしれないけれど、
一番の好みはヴーヴ・クリコ。“未亡人”ですな。
あのイエローのラベルを見るだけでウットリ(笑)
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧