2009/01/11

『僕たちの好きな金田一耕助』

別冊宝島編集部 編
宝島社 562円(税別) ISBN978-4-7966-6860-6 09.1刊

+内容+
本陣殺人事件
百日紅の下にて
獄門島
車井戸はなぜ軋る
黒蘭姫
蝙蝠と蛞蝓
暗闇の中の猫
黒猫亭事件
殺人鬼
悪魔が来りて笛を吹く〈他〉

宝島SUGOI文庫
「本陣殺人事件」で颯爽とデビューして以来、「病院坂の首縊りの家」まで、横溝正史の77作品に登場する探偵・金田一耕助。本書は横溝正史とその作品及び金田一耕助を愛する面々による、そのすべての作品のガイドである。タイトル、作品内部の年代、初出データ、事件現場、物語の概要、といった基本、メインの解説、さらに「この作品における金田一耕助」をチェック、登場人物の「名言」で締めくくられたファン待望の一冊。

+関連・リンク+
宝島社
金田一耕助博物館
金田一耕助アートウエーブ

ハイ、何も言うことはありません。
金田一本、いつかは全部揃えたいと思ってるのですが~。
読みたい度85%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

『市川崑大全』

映画秘宝編集部 編
洋泉社 1,700円(税別) ISBN978-4-86248-339-3 08.12刊

+内容+
グラビア
市川崑ヒストリー
市川崑のミステリ映画
モダニスト・市川崑
市川崑の時代劇
市川崑の文芸映画
市川崑のドキュメンタリー
市川崑の映像技法

ミステリものの名手か?文芸映画の王様か?テクニックの天才か?国民的巨匠の表と裏の全てがこの1冊でわかる!

+関連・リンク+
洋泉社

金田一耕助シリーズが好きでした。
他にも洒落た味わいの作品など色々。
確か、子どもの頃にテレビで見た映画のCM、『ビルマの竪琴』『鹿鳴館』等は
ほんの短いカットでしたが、かなり記憶に残っています。
“市川監督”を意識するようになってから観た
『黒い十人の女』はとてもクールだったし、
三島由紀夫『金閣寺』の映画化作品『炎上』も素晴らしかった。
『東京オリンピック』は観たいと思いながら未だ果たせず。
硬軟取り混ぜた作品群、改めてその凄さに圧倒されます。
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

『遺言 アートシアター新宿文化』

葛井欣士郎 著,平沢剛 聞き手
河出書房新社 2,800円(税別) ISBN978-4-309-27038-8 08.8刊

+内容+
幼少年期・戦争、そして三和興行へ
アートシアターのはじまり
新宿の最も熱い日々
激しい時代の終わりへ
新宿文化をはなれて
資料

アートシアーター新宿文化と蝎座の支配人、ATGの陰の中心として、60年代の映画/演劇をリードし、全文化領域とその後に決定的な影響を与えた伝説の人物が、そのすべてを後代のために詳細に語りおろした唯一の書。

+関連・リンク+
河出書房新社

アートシアター新宿文化といえば、演出家・蜷川幸雄の
数々の伝説の舞台となった場所ですね。
その熱を帯びた時代、なんだか想像もつかない感じですが…。
また、本来の映画の活動としても
日本アート・シアター・ギルド(ATG)が手掛けたものは
現代に持ってきても、かなりのインパクトがあると思います。
(いや、当時だからこそ猥雑なエネルギーに満ちていたのか…)
少しでもそんな空気感に触れることができたら、と羨ましくもあったりして。
読みたい度%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/26

『TRIP for the FILMS』

種田陽平 著
角川書店 3,000円(税別) ISBN978-4-04-854196-1 08.6刊

+内容+
キル・ビルの青葉屋、有頂天ホテル等世界に誇る日本の美術監督作品集第二弾。クウェンティン・タランティーノをして「クール!!!」と言わしめた青葉屋の血染めのセットを作った男、種田陽平。現在内外問わず、最も依頼の多い美術監督だ。『Town for the Films』後の10年の仕事を追った作品集。

副題:ARTWORKS from“Shikoku"to“The Magic Hour"featuring“KILL BILL Vol.1"1998‐2008

+関連・リンク+
角川書店
YOHTA-design

映画や舞台のセットを見ると、なんだかワクワクしてしまうのは自分だけでしょうか…
映画『KILL BILL Vol.1』の撮影裏話など、興味深い内容も盛り込まれていて楽しい本です。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/14

『メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ 全映画の知られざる舞台裏』

J.W.リンズラー 著
小学館プロダクション 6,000円(税別) ISBN978-4-7968-7046-7 08.6刊

+内容+
1 『レイダース/失われたアーク“聖櫃”
     その名はインディアナ(1968年~1980年2月)
     キャスティングに悩まされる(1980年2月~5月)
     作り上げる(1980年6月~8月)
     砂漠の突進(1980年8月~10月)
     誕生(1980年10月~1981年6月)
2 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』
     死の寺院(1981年6月~1983年4月)
     悲運に見舞われる者たち(1983年4月~8月)
     すべて前進(1983年8月~1984年6月)
3 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
     猿の王(1984年7月~1988年5月)
     プロフェッショナルたち(1988年5月~1989年5月)
4 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
     宇宙からの原子蟻(1989年5月~2007年6月)
     ミスター・ジョーンズのワイルド・ライド(2007年6月~12月)

原題『THE COMPLETE MAKING OF INDIANA JONES:THE DEFINITIVE STORY BEHIND ALL FOUR FILMS』J.W.Rinzler
2008年6月21日に公開予定の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を含む、シリーズ全4作すべてのメイキングを丁寧に解説したビジュアル・ガイドブックです。二大巨匠、スピルバーグとルーカスが、映画誕生秘話から撮影時のエピソードまで、知られざる「インディ・ジョーンズ」制作の舞台裏を明かしたファン垂涎の内容! 豪華俳優陣のオフショットを含む未公開写真や直筆ストーリーボードなど、本書でしか見ることのできない貴重な資料も豊富に収録しています。インディ映画のすべてがわかる、必携の1冊です!

+関連・リンク+
小学館プロダクション
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
INDY JONES.JP

このシリーズはアクションもすごいけれど
何より歴史と考古学の味付けが絶妙で、
テレビで放送されると結構観てしまいます。
そういえば過去にはテレビシリーズで若いころの物語もやってましたね。
今回、『クリスタル・スカルの王国』は、
初めて映画館に観に行こうと思っています。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/17

『ガチャピン&ムックの中国語教室』

三宅登之 監修 / フジテレビKIDS中国語委員会 編
小学館 1,700円(税別) ISBN978-4-09-515661-3 07.7刊

+内容+
新しいチャレンジ?!
中国語でジャカジャカジャンケン
ガチャピンとムックが大ゲンカ!
ムックの本格中華で発音練習
お誕生日おめでとう〈他〉

ガチャピン、ムックと学べる中国語レッスン。ガチャピン、ムックと学ぶ初級向けの中国語学習書。100頁オールカラー。ガチャピン、ムックの声で吹き込んだ音声CDも付属。全27課のレッスンに中華料理名で学ぶ発音練習コーナー、特製ドリルがついている。

+関連・リンク+
小学館
フジテレビKIDSクラブ

ひぇ~!ガチャピン&ムックは中国語までやってるんですねー!
時代は変わるもんですなぁ。
読みたい度35%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

『フジテレビアナウンサーになろう!』

扶桑社 1,400円(税別) ISBN978-4-594-05331-4 07.6刊

+内容+
1 フジテレビアナウンサーになるには
2 フジテレビアナウンサーとは?
3 フジテレビアナウンサーになったら
特別付録 フジテレビアナウンサー名鑑

+関連・リンク+
扶桑社
フジテレビ

「アナウンサーになろう!」ではなく、「フジテレビ~」というのがスゴイ!
フジテレビのアナウンサー総出で盛り上げてるような本の内容。
何なんだーこれはー!
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

『帰ってきた時効警察オフィシャル本』

テレビ朝日『帰ってきた時効警察』スタッフ監修
太田出版 1,480円(税別) ISBN978-4-7783-1067-7 07.6刊

+内容+
第1章 オダギリジョー
第2章 麻生久美子
第3章 三木聡
第4章 全九話完全捜査リターンズ
第5章 再来!鑑識課・諸沢の「こんなもの見つけました」コレクション
第6章 We came back!十文字&蜂須賀刑事の小ネタ裏づけ捜査

+関連・リンク+
太田出版
帰ってきた時効警察

『帰ってきた時効警察』、なんだかあっという間に放送が終わってしまいましたね。
一番初めの放送時には、熱心に観てなかったんですが、
『時効警察』を取り上げてからなんだか気になって、
今回の放送は結構力を入れて見ちゃいました。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

『謎のホームページ サラリーマンNEO公式レポート』

NHK番組制作班編
角川書店 1,200円(税別) ISBN978-4-04-883979-2 07.5刊

+内容+
1 キャストインタビュー&コメント
2 キャラクタースペック
3 生息地別サラリーマン図鑑
4 よりぬき・テレビサラリーマン体操
5 サラリーマン語の傾向と対策
6 Neo Express縮刷版
7 あの素晴らしい社食をもう一度
8 謎のホームページサラリーマンNEOという番組
9 謎のホームページサラリーマンNEOデータバンク
10 そしてシーズン2へ

+関連・リンク+
角川書店
サラリーマンNEO

この番組、人気あるみたいですね。
テレビをつけて、たまたまやってたりすると見入ってしまいます。
バカバカしいとか思いながら、かなり面白かったりして。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

『日本に恋するロシア映画』

杉浦 かおり著
東洋書店 600円(税別) ISBN978-4-88595-673-7 07.2刊

+内容+
序章 ロシアより愛をこめて
第1章 日イヅル国へ―ソクーロフ論
第2章 ブシドーと俳句―ズビャギンツェフ論
第3章 石庭に平和を祈る狩人―ロゴシュキン論
終章 新しい地平へ

+関連・リンク+
東洋書店

先日観たソクーロフ監督の映画『太陽』はなかなかユニークな作品でした。
独特の抑えた感じの色調が温度の低さを思わせて、
やはりロシアっぽいなぁと思いながら観ていました。
自分にとってはあまり馴染みの無いロシア映画。
高校生くらいの時に観たタルコフスキーの『惑星ソラリス』はすごく印象に残っています。
近未来の風景として東京の首都高が出てきたのにはビックリ!でしたね…。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧