2009/09/08

『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』

水戸岡鋭治 著
交通新聞社 800円(税別) ISBN978-4-330-08709-2 09.8刊

+内容+
はじめに 新800系デビューの意味
第1章 「正しい」新幹線デザインとは?
第2章 私の仕事を代表する3つの列車
第3章 「正しい」鉄道デザインのために
第4章 鉄道デザイナーは一日にして成らず
第5章 夢みる「大鉄道時代」

交通新聞社新書
九州新幹線「つばめ」やJR九州の特急列車を中心に、常に話題作を発表し続けてきたデザイナー・水戸岡鋭治。ユニバーサルデザインやバリアフリー対策、さらには地産地消的考えをも取り込んだ、彼の独特な鉄道デザインの原点にあるものを、個々の「仕事」を通して展望する。

+関連・リンク+
交通新聞社

確認してみると、過去にも水戸岡さんの著書を取り上げていました…。
『ぼくは「つばめ」のデザイナー』『旅するデザイン』
こちらの方がより、デザイナーの思想に触れることができる内容なのでしょうか~。
交通新聞社からの刊行というのが、専門的な感じがしてポイント高し。
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

『福田繁雄DESIGN才遊記』

福田繁雄 著
DNP文化振興財団 2,500円(税別) ISBN978-4-88752-305-0 08.11刊

+内容+
福田繁雄の才遊記
ポスター作品
評論
立体作品
環境作品
エッセンス・オブ・デザイン
エッセイ
インタビュー&ダイアログ
年譜

「ggg Books」別冊

+関連・リンク+
DNP文化振興財団

先日、グラフィックデザイナーの福田繁雄氏がお亡くなりになりました。
初めて氏の作品を目にしたのは小学生の時。
「視覚サーカス展」でした。
物凄く不思議でエキサイティングなアート作品ばかりで、
以降、福田さんのファンなのです。
ポップなだまし絵がとてもクールだったりして。
2001年に世田谷美術館でお嬢様の福田美蘭展と同時に開催された
美術展も楽しかったなぁ。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
読みたい度80%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/23

『古代文字練習帳』

文字文化研究所 編著
筑摩書房 2,200円(税別) ISBN978-4-480-85788-0 08.7刊

+内容+
人体の文字
祭祀の文字
自然の文字
宮室の文字
器物の文字
衣服の文字
動物の文字
植物の文字
雑類

+関連・リンク+
筑摩書房
文字文化研究所

じーっと見ていると現在の文字の形が現れてくるような感じが…。
書き順がシッカリ出ているのはちょっとビックリです。
「見る」だけでなく実際に「書いてみる」ことで色々発見がありそうです。
また、個人的には書道や篆刻の素材にも良いと考えたりして。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

『北欧デザイン手帖』

長嶺 輝明写真/レスパース編
文化出版局 1,800円(税別) ISBN978-4-579-21019-0 07.10刊

+内容+
DESIGNER
   アイノ・アアルト
   アルヴァ・アアルト
   エリサ・アアルト
   エーロ・アールニオ
   エリック・グンナー・アスプルンド
   オーケ・アクセルソン
   レナ・ベリストロム
   ヨナス・ボリーン
   カイ・ボイエセン
   ルイーズ・キャンベル〈他〉
COMPANY/BRAND
   アラビア
   アルテック
   アスプルンド
   カール・ハンセン&サン
   シービーアイ
   ダンスク
   デイヴィッド・デザイン
   デザイン・ハウス・ストックホルム
   フリッツ・ハンセン
   ジョージジェンセン〈他〉
日本で買える北欧デザイン
北欧デザイン年表

+関連・リンク+
文化出版局

ブームは続いていますね~。
“北欧”と一括りにするのがちょっと気にはなりますが、
自分も以前から結構注目しています。
落ち着いていて、飽きが来なくて、長く使えるデザインがポイントかな。
読みたい度45%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/29

『1・2色でみせるエディトリアルデザイン』

ピエ・ブックス 7,800円(税別) ISBN978-4-89444-606-9 07.6刊

+内容+
PR誌
雑誌
カタログ
   会社案内
   入学案内
   映画パンフレット
書籍

少ない色数でエディトリアルデザインする際には、写真の表現や本文使用色に制限がある分、レイアウトや使用する紙に工夫や表現力が問われます。本書は1色、2色で魅力的にレイアウトされた作品を、インクや用紙データのスペックと併せて紹介します。

+関連・リンク+
ピエ・ブックス

制約のある中でいかに効果を発揮するか、
そこがとても面白いところだと感じたり。
自分が携わるのはデザインとは違いますが、
制限がある方がかえって色々なアイデアが生まれたりします。
また、自分にとって映画よりも演劇の方が魅力的なのは、
(もちろん映画も好きなのですが、どちらか選ぶとすると…)
映画に比べてはるかに厳しい条件が多い中で、
いかにそれらをクリアしていくかという点で素晴らしい工夫がなされ、
観る側も想像力が膨らませられることが大きいのかもしれません。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/24

『旅するデザイン―鉄道でめぐる九州 水戸岡鋭治のデザイン画集』

水戸岡 鋭治著
小学館 3,000円(税別) ISBN978-4-09-682012-4 07.6刊

+内容+
つばめ物語
787系特急「つばめ」(鹿児島本線)
沿線ピックアップ(鹿児島本線1・2)
787系特急「リレーつばめ」(鹿児島本線)
800系九州新幹線「つばめ」(九州新幹線)
沿線ピックアップ(鹿児島本線3)
水戸岡鋭治ギャラリー(ミミズク・オウム)
140・147形特急「はやとの風」(肥薩線)
水戸岡鋭治ギャラリー(鳥)
140・47形「いさぶろう号・しんぺい号」(肥薩線)〈他〉

+関連・リンク+
小学館

水戸岡さんのデザイン、ポップな印象だったり
ユーモラスだったり、暖かい印象を受けたり、結構注目しています。
読みたい度60%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/05

『1冊まるごと佐藤可士和。』

pen編集部編
阪急コミュニケーションズ 1,500円(税別) ISBN978-4-484-07203-6 07.2刊

+内容+
「佐藤可士和」の現在進行形。
「佐藤可士和」は、どのように作られたのか。
世間を騒がした代表作を、徹底解剖する。
村上隆の新作は、「サムライ」が展示場だ。
超人的に動きまわる日常に、完全密着!
敬愛するクリエイターは、この10人。
自宅から愛用品まで、「創造の源」を大公開!
どこが凄いのか、各界50人の証言。
佐藤可士和クリエイティブ語録

+関連・リンク+
阪急コミュニケーションズ

凄い人ですね。
好きだとか嫌いだとか言ってられなくなりました。
って、広告のスタイルがちょっと好みじゃないだけなんですが(汗)
ユニクロNYは結構注目してました。
読みたい度50%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/31

『デザインにひそむ〈美しさ〉の法則』

木全 賢著
ソフトバンククリエイティブ 700円(税別) ISBN4-7973-3794-X 06.12刊

+内容+
第1章 身近にひそむ美しい比率
第2章 誰にでもわかるシンプルなデザイン
第3章 美しさと使いやすさの法則
第4章 細部に宿る美しさの法則
第5章 地域と文化と歴史のデザイン
第6章 ユニバーサルデザインとこれから

+関連・リンク+
ソフトバンククリエイティブ

「美しさの法則」って…?
知りたい、知りたい!
すんごく気になります!!
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

『雑誌をデザインする人と現場とセンスの秘密』

藤本 やすし著
ピエ・ブックス 3,600円(税別) ISBN4-89444-558-1 06.11刊

+内容+
暮しの手帖
太陽
PLAYBOY
NOW
anan
宝島/WonderLand
花椿
POPEYE
MORE
写楽
SWITCH
Esquire日本版
03TOKYO Calling
CUT
i‐D JAPAN
WIRED日本版
ku:nel
BOX
季刊 銀花

+関連・リンク+
ピエ・ブックス
CAP

藤本やすし氏の話を聴いたことがあります。
柔軟な発想の源にすこーし触れたような気がして、楽しい経験でした。
超テキスト人間の自分にとって、ヴィジュアルで勝負する仕事は憧れです。
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

『絶対はずせないデザインのお約束 デザイン・レイアウトのセオリー』

グラフィック社 2,400円(税別) ISBN4-7661-1735-2 06.9刊

+内容+
第1章 誌面構成のセオリー
第2章 写真のセオリー
第3章 図解・図説のセオリー
第4章 文字組みのセオリー

本書では、デザイナーに必携ともいえる、レイアウトの基本セオリーについて解説していきます。今まで明確な意図を持たずに何となくレイアウトしていたという方、しっかりと基礎を再確認しておきたいという方などのデザインに役立つでしょう。
佐々木剛士(ささき・たけし)
大学卒業後、ワークスコーポレーションに入社。月刊『DTPWORLD』編集部を経て現在フリーライター、編集者として活動。

+関連・リンク+
グラフィック社

自分は編集者であって、デザイナーではないのですが、
(それも、雑誌編集とは全然関わりがなかったりもしますが 汗)
パラパラと雑誌などを見ていたりすると、やはりレイアウトとか気になります。
究極のテキスト人間なのですが、生まれ変わったら
ヴィジュアル人間として勝負してみたいですね~(笑)
読みたい度%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧