2009/04/07

『手紙・メールの書き方 実例の便利帖』

学習研究社 編
学習研究社 950円(税別) ISBN978-4-05-404072-4 09.4刊

+内容+
1章 正しい、美しい、手紙の基本フォーム
2章 真似することから始まるベスト文例

「新鮮・豊富な文例」満載で、楽々変形と応用ができる、すぐに役立つ手紙の本。相手に喜ばれるちょっとした工夫や言い換え方までのミニ情報等も満載。状況・時節に適した書き方がすぐにわかる一冊。CD-ROM付き。

+関連・リンク+
学習研究社

きちんとした手紙を書くときには親から譲り受けた本を使い、
書き出しの時候の挨拶など参考にするけれど
最近のものはCD-ROMが付いているんですね。
時代の流れですなぁ。
読みたい度55%

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009/04/02

『最新版 すぐ使える手話』

深海久美子 監修
主婦と生活社 1,200円(税別) ISBN978-4-391-13556-5 09.2刊

+内容+
第1章 簡単な自己紹介から始めよう
第2章 身近なことをあらわしてみよう
第3章 これだけは覚えておきたい手話
第4章 日常会話にチャレンジ

ABCブックス
基本的な手話を図解でわかりやすく紹介。自己紹介から動詞・形容詞、日常会話まで、初心者に使いやすく解説。

+関連・リンク+
主婦と生活社

ボランティアとか、社会的な奉仕とか、そういうことももちろん大切ですが
単純に「手話」というコミュニケーション・ツール、声を使わない言語という点に
関心を持っています。
音声に頼らないことで、より大きな可能性を秘めた伝達手段でもあるように感じたり。
とはいえ、マスターするのはやはり努力が必要ですね(汗)
読みたい度40%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/20

『ふるさとのお店in東京』


キョーハンブックス 1,300円(税別) ISBN978-4-87641-700-1 08.12刊

+内容+
北海道編
東北編
関東編
中部編
近畿編
中国・四国編
九州・沖縄編
全国編
番外編
ふるさと産品図鑑

東京都内にある「アンテナショップ」44店舗の詳細情報を一挙掲載。さらに、QRコードで「Map Fan Web観光楽地図」に簡単にアクセスでき、店舗の詳細情報や地図が携帯でも確認できる。

+関連・リンク+
キョーハンブックス

なぜか東京~有楽町(銀座)~新橋に密集しているアンテナショップ。
銀座周辺をぶらぶら歩くだけで日本各地を旅する感覚を楽しむことができます。
自分がよく行くのは北海道、沖縄辺りでしょうか。
東北や四国、九州の店なども覗いてみると、色々な発見ができて面白い!
読みたい度70%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

『チャイナフリー 中国製品なしの1年間』

サラ・ボンジョルニ 著
東洋経済新報社 1,800円(税別) ISBN978-4-492-22285-0 08.7刊

+内容+
第1章 長らく一緒に暮らしてきたけど、今日でお別れ
第2章 靴騒動
第3章 元気な中国
第4章 どこもかしこも中国製
第5章 遠慮がちな提案
第6章 必要は発明の母
第7章 不満が募る夏
第8章 赤い潮流
第9章 中国の夢
第10章 一巻の終わり
第11章 中国製品の季節
第12章 一年の終わり

原題『A YEAR WITHOUT “MADE IN CHINA":One Family's True Life Adventure in the Global Economy』Sara Bongiorni
1年間中国製品なしで生活することができるか?アメリカのフリージャーナリストが実際に体験した、面白くてイライラする体験をつづった本。アメリカより中国品漬けの日本人必読の書。

+関連・リンク+
東洋経済新報社

以前、アメリカの田舎で買ったマグカップもメイド・イン・チャイナ。
今年ニューヨーク旅行で買ったMoMAグッズもメイド・イン・チャイナ。
アメリカで中国製品が幅を利かせているのは予想以上ですね。
中国製品の危険性は、日本で大騒ぎになる結構前から
アメリカのニュースでも取り上げられていたりして、
ちょっと気になってました。
確かこの本についても、メディアで取り上げられていましたね~。
危険だからやめる、と単純に考えても、
そこには様々な問題が複雑に絡み合っていて、
自分たちはそれらにしっかりと掴み取られて身動きできないような…
そんなことも感じたり。難しく、色々考えさせられる内容です。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/12

『フランスのブランド美学』

鳥取絹子 著
文化出版局 1,500円(税別) ISBN978-4-579-30424-0 08.7刊

+内容+
1章 美食
2章 モード
3章 生活美学

グルメやモードから車や飛行機まで、身の回りに浸透するフランス・ブランド。どう誕生し、愛されてきたか、その歴史と背景を探れば、フランスの生活美学が見えてくる。

+関連・リンク+
文化出版局

ファッションや菓子など、思いつくだけでも
フランス企業は全般的にイメージ戦略が上手いように思います。
(日本が舶来品に弱いだけかもしれませんが…)
この本では食品、ファッション、自動車から文房具まで
様々なメーカーを取り上げていて壮観。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/15

『ちょい大人力検定 子ども以上大人未満の人間関係講座』

石原壮一郎 著
河出書房新社 1,200円(税別) ISBN978-4-309-61650-6 08.7刊

+内容+
1 「友だちとのおつきあい」編―まずはもっとも切実で難しい課題に挑戦しよう
2 「異性とのおつきあい」編―恋愛の怖さを十分に自覚しつつ全力で立ち向かおう
3 「大人とのおつきあい」編―いろいろ理解してあげつつ「異文化との交流」を楽しもう

アラウンド14歳はつらいよ!?友だち、大人との付き合い方から恋愛相談まで、何かと悩みや迷いが多い“ちょい大人”に、大人力の入門版である“ちょい大人力”を伝授。検定方式で学べる目からウロコのサバイバル処世術。

+関連・リンク+
河出書房新社

子どもに向けて書いていながら、
オトナにも当てはまることが結構沢山あったりしてオモシロイ。
で、この本の詳しい内容…
「怖い先輩の喫煙場面に遭遇」、「リレーで転倒しちゃったが…」、
「好きな子がゲロしちゃったら」、「アイドル談義でケンカした」、
なんてかわいいシチュエーションから、
「イマイチな映画の感想」、「ビミョーな発言をどう受け取る?」、
「過失の代償をどう支払う?」、「オバサンのお世辞への返答」、
「理由なき別れへの対応」、「オヤジギャグがスベった」、
みたいなオトナな内容まで。
まぁ、大人と子どもの境界ってものがあるのかないのか、
シームレスに繋がっているからなぁ。
やはり人間関係は重要ですね。
読みたい度65%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/24

『落語の国からのぞいてみれば』

堀井憲一郎 著
講談社 740円(税別) ISBN978-4-06-287947-7 08.6刊

+内容+
第1章 数え年のほうがわかりやすい
第2章 昼と夜とで時間はちがう
第3章 死んだやつのことは忘れる
第4章 名前は個人のものではない
第5章 ゼニとカネは別のものである
第6章 50両で人は死ぬ
第7章 みんな走るように歩いてる
第8章 歩くときに手を振るな
第9章 生け贄が共同体を守る
第10章 相撲は巨大人の見世物
第11章 見世物は異界の入り口
第12章 早く結婚しないといけない
第13章 恋愛は趣味でしかない
第14章 左利きのサムライはいない
第15章 30日には月は出ない
第16章 冷や酒はカラダに悪い

講談社現代新書
時間の感覚、死生観、恋愛と結婚、酒…今の暮らしは、どこかヘン!?江戸を向いて歩こう!恋愛こそすべてという圧力、名前に対する過剰な思い入れ、死んだらおしまいと言えないムード…どこか息苦しくないか?落語のなかに生きる人々の姿から、近代人のおかしさを撃つ!

+関連・リンク+
講談社
ホリイのテレビ研究所

堀井憲一郎さん、どんな方か詳しくは存じ上げないのですが
某落語会(?)の落語を聴きに行くと、かなりの確率でこの方の姿が。
なんで?と思ってましたが、かなりの落語ファンなんですね~。
読みたい度55%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

『どこまで本気!? 世界の暴言・失言コレクション』

暴言失言協議委員会 編
リイド社 476円(税別) ISBN978-4-8458-3545-4 08.6刊

+内容+
01 そこまで言うの!!
      口が滑ったか、言葉が走ったか!!何もそこまで…
02 ズレてますって、それ!!
      KYな人によるKY発言。時に抗議のネタや、失笑を買うことに!!
03 マズイでしょ、それ!!
      名誉毀損で訴えられるかもね!!
04 差別です、完全に!1
      性別、人種・民族、階級、職業、身体的特徴!!世に差別のネタは尽きまじ!!政治家に多いんです、これ!!
05 ま、間違えましたっ!!
      あります、誰にでも。でも…
06 おっしゃいますねぇ!!
      いゃあ、言ってくれますねえ、格好良く!!

古今東西の・暴言・失言・妄言を片っ端から集めました!!

+関連・リンク+
リイド社

少々品格に欠ける本ではありますが(笑)
こんな発言あった、あった!と色々思い出されてきたりして。
いつもながら、どうしてこんな発言してしまうんだろうか?
という疑問が湧くのですが…。
読みたい度45%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

『「親の家」でお金持ちになる方法。』

白岩貢 著
アスペクト 1,500円(税別) ISBN978-4-7572-1499-6 08.4刊

+内容+
第1章 「親の家」をアパートにしてお金を産むという発想
第2章 「親の家」を活かして成功している実例10
第3章 年金、資産防衛、介護など、将来の備えに役立つ「親の家」
第4章 「親の家」活用法のプランと構造
第5章 将来の相続にも「親の家」活用法が有利!

ローリスク・ハイリターンでまったく新しい投資術。親の持ち家、自宅があれば誰でもできる、究極の投資術、それが「親の家」活用法です。お金をかけず、あなたも親も幸せになる不動産の裏ワザを、カリスマ大家で大家コンサルタントである著者が初めて、公開いたします。「親の家」活用法とは、(1)すでにあるマイホームという資産(不動産)に、(2)追加投資することでアパートなどを建て、(3)そこから収入を得る、という方法です。この方法は、不動産投資の中でも、非常に安定性が高く、ローリスク・ハイリターンの新しい資産運用なのです。足元に眠る宝の山である「親の家」に、これからの不況を生き抜くすべての解決策があるのです。そんな情報を、だれにでもわかりやすく具体的に紹介する1冊です。

+関連・リンク+
アスペクト

ノーコメントです…(笑)
読みたい度30%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

『わたしの失敗』

産経新聞文化部 編
文藝春秋 743円(税別) ISBN978-4-16-771783-4 08.5刊

+内容+
山本一力
倉本聰
安部譲二
梁石日
眉村卓
瀬戸内寂聴
小山内美江子
後藤正治
石原慎太郎
安藤忠雄
森村泰昌
黒川記章
富野由悠季
水木しげる
楳図かずお
藤沢秀行
陳建一
コシノヒロコ
山口小夜子
桃井かおり〈他〉

文春文庫
失敗から何を学び、どう生かすか。著名人40人が語る挫折・転機から、それぞれの人生と人間力が浮かびあがる。『産経新聞』連載。

+関連・リンク+
文藝春秋

伝記・自伝など、人の生き方に興味を持っています。
著名人の成功物語は多いけれど、
(ヘンな意味ではなく)失敗から学ぶことも沢山あるはず。
この本には、自分が注目している有名人の名前があちらにも、こちらにも。
かなり興味アリ!
読みたい度75%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧